2018年5月18日 (金)

気仙沼だより(平成30年4月)(3)

●石巻

 石巻の大川小学校へ。こちらも震災遺構として遺すそうです。校舎を支えていたコンクリートの柱がなぎ倒されて折れ曲がり、中の鉄骨がむき出しになっている姿は、津波の破壊力を否応なく感じさせます。改めて、犠牲になられた児童生徒の皆さんと先生方のご冥福を祈り、哀悼の意を表したいと思います。

 

 道の駅「上品(じょうぼん)の郷」で昼食を頂いてから、石巻市総合運動公園へ。ここは、被災地最大規模の仮設住宅地でした。広大な敷地(142,069㎡)に、ピーク時で487世帯、1,225人が入居される仮設住宅がずらりと立ち並んでいました。

震災から7年。仮設住宅の殆どは撤去され、はずれのほうに少し残っているだけです。このすぐ近くには、震災後にできた大型量販店街が大変な賑わいを見せています。日本全国どこでも見かける大型量販店の見本市のような町です。そこから車で5分もかからないこの場所で、忘れられたようにひっそりと肩を寄せ合っている仮設住宅が数棟・・・。7年経ってもこの場所で、仮設住宅を出られずに住んでいらっしゃる方たちの気持ちは想像もつきません。

 

一日の終わりに、渡波にある夫の実家近くにある宮殿寺でお墓参りを済ませ、お寺から数百メートルの海岸に出ました。三陸とは異なる大海原が広がります。海岸線がゆるやかな曲線を描いて左右に伸びていきます。

「海は広いな、大きいな~」そんな歌が口をついて出てきそうです。

震災前にも夫の帰省のときに何回か来たことはあるのですが、こんなに雄大で、そしてきれいな海だったのかと、初めて気がついた気持ちです。

今日最後の慰霊をさせて頂きました。

 

一関までの車中で、S.Tさんとたっぷりおしゃべりをしました。私の今の心の迷いも聞いてもらいました。

9時から夕方5時まで、中身の濃い1日でした。

S.Tさん、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

気仙沼だより(平成30年4月)(2)

●南三陸

南三陸に向かう途中の道もかなり整備が進んでいました。海沿いの数箇所(小金沢、志津川)で慰霊をさせて頂きました。

津波の被害を免れたのでしょうか。そこここの民家の庭には昔ながらの立派な鯉のぼりが泳いでいます。都会ではもう見かけることもなくなってしまった光景に心が和みます。

 

大谷海岸にあった仮設のラーメン屋さんもなくなっていました。醤油ラーメンがおいしくて、何回も足を運んだお店です。震災前は海水浴客で繁盛していたそうです。

ご主人夫婦はお嬢さんを津波で亡くされました。結婚前の19歳の若さです。

ご夫婦とも病気を抱えておられ、毎月1回、東北大学病院まで2時間半かけて通院されているとのことでした。袋詰めのりんごを頂いたこともあります。

冷たい水仕事、立ち仕事はさぞお辛かったことと思います。お元気でいらっしゃることを祈るばかりです。

 

さんさん商店街に立ち寄りました。平屋作りの建物に、食堂やコンビニ、土産物屋さんなどが入っています。南三陸名物「きらきら丼」の看板を出しているお店もたくさんあります。「きらきら丼」というのは三陸の海の幸がたっぷりのった贅沢な丼です。

駐車場は満車状態。遠くからも大勢いらしているようです。

さんさん商店街から、防災庁舎の3階の上部と屋上が見えます。町の嵩上げのために、2階以下は地下に埋もれてしまったかのようです。震災遺構として遺すことになったそうです。嵩上げして上から見下ろすようになってしまうと、津波の恐ろしさもあまり実感できないような気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

気仙沼だより(平成30年4月)

(事務局より)

本日は、ひふみともこ先生が先月、東北地方へ東日本大震災の慰霊にいらっしゃいました際の「気仙沼だより」を3回に分けてお送りいたします。

ひふみ先生が気仙沼へ慰霊に赴かれることになった経緯などは事務局のブログ

http://irohahihumi.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-e8c1.html

をご覧ください。

*********************************************************

気仙沼の報告(平成3042122日)

◎平成30421日(土)

21時(夜9時過ぎ)気仙沼駅に到着しました。駅からタクシーに乗って気仙沼パークホテルへ。気仙沼は今日はとても暑かったと運転手さんがおっしゃっていました。

昨年の6月以来、約1年ぶりの気仙沼。どれくらい変貌したのか、復興したのか、気になります。明日はゆっくり慰霊をしながら町の変化を見てみたいと思います。

◎平成30422日(日)

 朝から初夏のような暑さ(暖かさ?)。約1年ぶりに岩手県職員のS.Tさんと再会です。今回は1日だけの滞在となります。石巻までの道すがら慰霊をしていくことになりました。

●気仙沼

 市内はすっかり嵩上げが進み、仮設商店街の多くは既に姿を消していました。仮設商店を撤去した跡地に、新しく2階建ての建物が建ち、お店も入って営業しています。市内のあちこちにあった仮設商店街のお店が一箇所に集まったのでしょうか。

初めて気仙沼を訪れたときに入った「特急寿司」さんは営業をやめられたそうです。45回は入ったでしょうか。温かみのあるお店でした。安くておいしかったのに残念です。

一方で、5階建てくらいの災害公営住宅の数が増えています。気仙沼の漁港にはあまりしっくりしない無機質の建物です。洗濯物がベランダで風に吹かれている以外は、人がそこに住んでいる気配はしません。

市内と大島を結ぶ橋は完成したようですが、実際に使えるまでには23年かかるとか。架かればすぐにでも車や人が渡れるわけではないのですね。

気仙沼の漁港数箇所(ロの字岸壁、松崎片浜、最知)で慰霊をさせて頂きました。日曜日でも働いている人影も見えます。漁はこれからが忙しくなるのでしょうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

平成24年(2019年)9月30日 慰霊の言霊のダウンロード

平成24年(2019年)9月30日 慰霊の言霊のダウンロードはこちらから↓

「2012.09.30.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

平成24年(2019年)9月30日 慰霊の言霊(続き)

平成24年(2019年)9月30日 慰霊の言霊(続き)

ただひたすらに 守られゆかむ。
憂いも悩みも煩(わずら)いも、全ては浄化し、解き放たれむ。
御魂に幸(さち)あれ、生けるも死すも。
神の栄光、共に頂け。
神の誉(ほまれ)を 共に賜(たまわ)れ。
神の光に 共に浴せよ。
神のおはさぬ世界なければ、人は神と一体なり。弱き心を消しゆけよ。
さにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

平成24年(2019年)9月30日 慰霊の言霊(続き)

平成24年(2019年)9月30日 慰霊の言霊(続き)

祈りの思いの届きなば、御魂の力も増しゆきて、生ける者への守護をば強めむ。
悲しみ嘆くも今日にて終わり、共に神の愛に守られ、光に包まる世界を思えよ。
明日への一歩を踏み出せよ。
生けるも 死せるも 手を携(たずさ)えて、離れ離れになることはなし。
彼岸(ひがん)此(し)岸(がん)をつなぐのは、ただ言霊と想いのみなれ、祈りに込めよ、言霊を。
安らぎ癒しの言霊を。
愛と光の言霊を。
感謝と希望の言霊を。
神を讃(たた)える言霊を。
命言祝(ことほ)ぐ言霊を。
心清める言霊を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

平成24年(2019年)9月30日 慰霊の言霊(続き)

平成24年(2019年)9月30日 慰霊の言霊(続き)

御魂の底に流れる愛は、彼岸(ひがん)此(し)岸(がん)の境を超えむ。
この世を見おろし、煩悩(ぼんのう)に、苦しむ家族を救わむと、あの世にありても 穏やかならず。
なれば、生ける者たちは、死せる御魂を煩(わずら)わせず、あの世の行を果たせるように、言霊持ちて、慰めよ。
今ある生を感謝して、犠牲となられしことを尊び、この世の行を全うせむと、心も高く、御魂に誓えよ。
犠牲と捧げし命の重さを、しかと受け止め、勇気に変えよ。
あの世に帰るその日まで、この世の行をよく果たし、誇りを胸に戻れるように、一瞬たりとも怠けるなかれ。
この世で働くその姿こそ、死せる御魂を慰むれ。
常に感謝の想いを伝えよ。
ほほ笑み浮かべて 語りかくべし。
生きても死にても共にあるを、心に深く思い描けよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

平成24年(2019年)9月30日 慰霊の言霊

平成24年(2019年)9月30日 慰霊の言霊

神から人へ、人から神へ。
人の流せし涙も汗も、全ては後(のち)の栄えのための、尊き種なり、縁(よすが)なり。
無駄なるものは一切なく、全てが次の命へ続かむ。
そこにて咲ける草花は、犠牲となりし人(ひと)皆(みな)の、この世に残せし家族らへの、愛を形となせしもの。
残りし家族の 目を和ませ、心安らげ、慰むるため。
体は亡び、消えようとも、愛は残りて、さらに強まり。
一人ひとりの思いは集まり、己を偲(しの)ぶ家族を案じ、この世に愛を届けむと 形のあるに 託せしを。
なれば生ける者たちは、そこに宿れる想いを汲みて、胸(むね)奥深(おくふか)き悲しみを、死せる御魂と共に癒せよ。
この世とあの世に境はなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

平成24年(2012年) 9月28日 慰霊のダウンロード

平成24年(2012年) 9月28日 慰霊のダウンロードはこちらから↓

「2012.09.28.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

平成24年(2012年) 9月28日 慰霊(続き)

平成24年(2012年) 9月28日 慰霊(続き)

命を落とせしその地にて、祈りの言霊 傾けてやれ。
清めの塩と、水と酒、あの世に飢えにて苦しまぬよう、少しの米も 供えるべし。
生(い)ける命と 変わることなし。
肉体滅び、消えるとも、体の記憶、感覚は、未だ変わらず、この世に残れる。
なればこそ、食事を供え、言霊捧げ、目をも耳をも 慰めてやれ。
落とせし命の 功(いさお)を讃(たた)え、
使命を果たせしことに感謝し、
この世の者を 案ずることなく、
あの世に帰るを 祝いてやれよ。
この地に眠る 多くの御魂も、いつか この世の 執着鎮(しず)め、
軽く 自由な 御魂となりて、軛(くびき)をはずし 羽ばたき行かむ。
流せし涙も 悲しみも 消せぬ未練も 思い出も、
慰霊を重ね 繰り返すうち、いつか 昇華(しょうげ)し、浄化されむ。

死別の悲しみ、苦しみは この世に生(あ)れば 宿命なり。
避けて通れぬ試練なれ、慰霊を通して、霊行 学べよ。さにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«平成24年(2012年) 9月28日 慰霊(続き)