« 2005年3月6日 名取市の神社建立一周年の日のダウンロード | トップページ | 平成17年3月29日 九州の地震について »

2014年12月29日 (月)

平成17年3月13日 九州の神社参拝の旅の前に

平成17年(2005年)3月13日  九州の神社参拝の旅の前に

神から人へ、人から神へ。
互いの交信交流も、今このときの、一瞬の、すぐに消え行く 幻ならず。
さらに高めて、まだこれからの、終わらぬみ役を それぞれに、
充分果たして 戻るまで、互いの信頼 和を強め、
過ぎ行く歳月(としつき)、迎える日月(ひつき)、さらにも苦難、困難の日を、恐れることなく 越え行くように、
この世に生まれ、出会いし縁を、さらにも尊(とうと)び、感謝を捧(ささ)げよ。
さても畏(かしこ)き前世の因縁、遥(はる)かの昔の太古(たいこ)より、この世に現れ、命を授(さず)かり、
神の定めし 流れに沿いて、この世に神の映(うつ)し世を、たがうことなく立てるよう、
神の導き、教えに従い、今日(こんにち)までの 精進の日々。
これから後の 成就(じょうじゅ)の時まで、たゆむことなく 歩みを続けよ。
一足(ひとあし)進め、地を固め、次なる一歩を踏み出せよ。
先は遥かの 長き道のり。遠くたなびく 陽炎(かげろう)の如(ごと)。
なれど必ず 願いは結び、神の幸(さきわ)う世とならん。

さにて 本日、めでたき日なり。人の集(つど)いて、祈りを高め、思いを強める嬉しき日なり。
神の祈りと 人の祈りの、共に高まり、広がりゆかん。
さらにも辛(つら)き 日のありても、変わらぬ思いを 祈りを捧げ、神への献身、奉仕に生きよ。
この世に生まれし 命の意味を、交(か)わせし約(やく)を、思い起こせよ。
神世(かみよ)の昔の、始まりのとき、この世に生まれし、初めのときに、思いを馳(は)せよ、心を向けよ。

さにて本日、古き歴史の、創世(そうせい)の地に、思いの高き 人の挙(こぞ)りて、
与えし教えを よく行い、伝えし祈りを よく守るを、
天も喜び、見守らん。
これから後の 精進の日々、神から離れず、神と歩めよ。
神も喜び、共に祝わん。人の誠の 命の旅を。
さにて。

|

« 2005年3月6日 名取市の神社建立一周年の日のダウンロード | トップページ | 平成17年3月29日 九州の地震について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/58415620

この記事へのトラックバック一覧です: 平成17年3月13日 九州の神社参拝の旅の前に:

« 2005年3月6日 名取市の神社建立一周年の日のダウンロード | トップページ | 平成17年3月29日 九州の地震について »