« 平成17年(2005年)6月4日 死後の世界での修行・精進について | トップページ | 平成17年(2005年)6月4日 死後の世界での修行・精進についてのダウンロード »

2015年1月16日 (金)

平成17年(2005年)6月4日 死後の世界での修行・精進について(続き)

平成17年(2005年)6月4日 死後の世界での修行・精進について(続き)

なれば人は、それら苦しみ、悲しみ、恨みの波動を受けぬ、強き光の波動を発せよ。
無縁の御霊もいつかは悟りて、救いの光に導かれ、やがてはあの世に帰り着かん。
悪しき波動と共振せず、自ら感謝と愛の波動で、祈りのことばで、導き、救えよ。
迷い苦しむ魂(たま)なればこそ、愛の波動は眩(まばゆ)く尊し。
あの世にありても、修行は同じ。さらにも厳しき、辛きもの。
肉体なければ、喜びも、楽しきことも、限られて、ただ純粋な魂のみが、真の歓喜を享受せる。
生ある者は、感謝せよ、この世に生きる幸いに。
気付き、悟りの機会を頂き、理解に易しき形にて、直ぐにも己に返る仕組みよ。
この世にある間(ま)に、多くを学べよ。
この世に学ぶ神の教えは、あの世で学ぶ教えより、さらにも易しく、速く学ばる。
生ある間(あいだ)に神に目覚め、神に心を開きし者は、あの世の修行も楽しく進み、歓び、感謝の学びとなるらん。
死後の世界は全てが神なり。神の導き、神との対話。
神の示さる教えのことばを、いかに御霊の浄化となすか。
神の授ける光の波動と、己の波動を共振させて、いかに御霊を高めるか。
生あるうちに、素直となれよ。曲がりし御霊は直すに難(かた)し。
全てを素直に受け取れる、真白き御霊を育(はぐく)めよ。
さにて本日、あの世の修行とこの世の修行、同じきことを教えたり。
さらにも精進、昇華(しょうげ)に励まれよ。
さにて。

|

« 平成17年(2005年)6月4日 死後の世界での修行・精進について | トップページ | 平成17年(2005年)6月4日 死後の世界での修行・精進についてのダウンロード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/58605019

この記事へのトラックバック一覧です: 平成17年(2005年)6月4日 死後の世界での修行・精進について(続き):

« 平成17年(2005年)6月4日 死後の世界での修行・精進について | トップページ | 平成17年(2005年)6月4日 死後の世界での修行・精進についてのダウンロード »