« 平成17年4月30日 福知山線脱線事故で多くの方が犠牲になったことについてのダウンロード | トップページ | 平成17年(2005年)6月4日 死後の世界での修行・精進について(続き) »

2015年1月15日 (木)

平成17年(2005年)6月4日 死後の世界での修行・精進について

平成17年(2005年)6月4日 死後の世界での修行・精進について

神から人へ、人から神へ。
この世に続く、混乱、迷走。
絶えなき争い、終わらぬ戦い。
全ては最後の、立て替えまでの、燃えつく前の、ろうそくの如(ごと)。
消え去る前の 末路を惜しむ、悪しき邪念の集成なれば、恐れ案ずは 露も要さず。
ただ安らかに、穏やかに、己の使命を果たして生きよ。

さにて本日、あの世での修行、精進に関する問いなれば、さらにも詳しく説き示さん。
あの世は幾つも層に分かれて、生ある間の功徳(くどく)に応じ、犯せし罪と、残せし役割、全てを測られ、分かたれるなり。
なれば早くに気付きを得、この世の使命を充分果たし、この世に未練 執着留(とど)めず、自ら神の光に従い、神の光に導かれ、御霊の浄化に努める者は、あの世の霊層、霊格高めて、再びこの世に生きるを許さる。
なれどこの世に生きる間(ま)に、人を苦しめ、人を憎み、人の不幸を嘲笑し、人の修行を妨げし者、神の光を避けし者、
死にてもこの世に執着残し、己の生を感謝せぬ者、それらはあの世の低きに落ちて、神の光をますます遠ざけ、己の怨念、憎悪に苦悩す。
あの世に光は満ち溢れ、誰にも平等、公平に、神の光に包まれて、己の御霊の昇華(しょうげ)に見合う、神の教えを与えらる。
なれど己の死さえも知らず、この世に彷徨(さまよ)う 魂、多し。
生ある者の供養の足らず、無事に光に従うことなく、光を求めてさまよう魂。
弔(とむら)う者のなきままに、あの世に入れず、この世に戻れず、行く先のなき哀れな魂。
全てはこの世で苦しみ深めて、人の波動を乱す素なり。

|

« 平成17年4月30日 福知山線脱線事故で多くの方が犠牲になったことについてのダウンロード | トップページ | 平成17年(2005年)6月4日 死後の世界での修行・精進について(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/58594831

この記事へのトラックバック一覧です: 平成17年(2005年)6月4日 死後の世界での修行・精進について:

« 平成17年4月30日 福知山線脱線事故で多くの方が犠牲になったことについてのダウンロード | トップページ | 平成17年(2005年)6月4日 死後の世界での修行・精進について(続き) »