« 平成17年10月15日 真・善・美・愛について のダウンロード | トップページ | 平成17年(2005年)10月16日 神様のお名前について(続き) »

2015年2月 8日 (日)

平成17年(2005年)10月16日 神様のお名前について

平成17年(2005年)10月16日 神様のお名前について

神から人へ、人から神へ。
伝え残すは既になし。神への問いも終わりの時なり。
神の答は常に変わらず、人の御魂の救いとなるよう、変わらぬ一つの真理のみ。

さにて本日、そなたの問いし、神のみ名について。
神は本来名もなき存在。宇宙の全てに遍満(へんまん)せる、全てが神の顕現なれば、一つが全て、全てが一つ。
一つ一つに働きあれど、全てが仕組みの一部なり。
なれば、個々に分かちて名をつけども、神は全てを包括し、全てを動かす、根源なり。
人間心の浅知恵は、別なる神と名づけども、元をたどれば唯一つのみ。
区別 境をふりかざし、何ゆえ争い、差をつけたがるや。
全てを敬い、尊ぶべし。かしこみ、恐れ、慎むべし。
なれど神を遠ざくなかれ。近づき、傅(かしず)き、親しむべし。
神のおみ名を求むるは、神を身近に感ずるための、人間欲の顕(あら)われなれど、そもまた人の方便なれば、致し方なし、仕方なし。

|

« 平成17年10月15日 真・善・美・愛について のダウンロード | トップページ | 平成17年(2005年)10月16日 神様のお名前について(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/58866995

この記事へのトラックバック一覧です: 平成17年(2005年)10月16日 神様のお名前について:

« 平成17年10月15日 真・善・美・愛について のダウンロード | トップページ | 平成17年(2005年)10月16日 神様のお名前について(続き) »