« 平成17年(2005年)10月18日 前世とは のダウンロード | トップページ | 平成17年(2005年)11月8日 神の世界の一元化とは(続き) »

2015年2月23日 (月)

平成17年(2005年)11月8日 神の世界の一元化とは

平成17年(2005年)11月8日 神の世界の一元化とは

神から人へ、人から神へ。
神の世界の教えを広め、人の全ての浄化と昇華(しょうげ)を、一人の人間、一つの命に、託し、任せて、目覚めを待ちて、
人の世界の初めより、今のこのとき、何千万年、地球の進化と命の発展、人と自然の共栄を、神は導き、育(はぐく)みて、
神の願える地上世界を、この世に実現、現出せんと、永きの時の流れと共に、悲しみ、喜び、巡(めぐ)り移りて、
今ようやくの、最終のとき。
神の世界の実現は、神と宇宙と、自然と人と、全てが一体、分かち難(がた)きを、
未熟なる者、不完全なる者、互いに補い、結び合い、互いに欠けし 力を組みて、
一つの全き、完全無欠の、不足も過剰もなきことを、
優劣、上下の差別なく、ただ平等に、公平に、各々(おのおの)役目を果たすのみ。
さにて、本日、神の世界の一元化、地上世界も神に倣(なら)いて、人と人との争いをやめ、一つの中心、神の御許(みもと)に、全てが統合、集結し、
神の前には全てが同じ、神の世界を構成せる、尊き役目を、悟り、担いて、神の授けし命(みこと)を果たし、天命成就の幸(さち)を得ん。
神の世界に収斂(しゅうれん)し、人も自然も動植物も、互いに命を活かし合う、欠かせぬ命を 讃(たた)え、祝わん。
全ての命が一つとなり、よりよき命と、さらに高まる。
人類創世、初めより、常に変わらぬ 戦い 争い。
宗教とても同じこと。
神の世界に優劣をつけ、信仰世界を欲にて汚し、支配の道具に貶(おとし)めし、忌(い)みて恥ずべき、諸悪の根源。
人の重ねし罪の歴史も、今このときに終焉(しゅうえん)せん。

|

« 平成17年(2005年)10月18日 前世とは のダウンロード | トップページ | 平成17年(2005年)11月8日 神の世界の一元化とは(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/59038357

この記事へのトラックバック一覧です: 平成17年(2005年)11月8日 神の世界の一元化とは:

« 平成17年(2005年)10月18日 前世とは のダウンロード | トップページ | 平成17年(2005年)11月8日 神の世界の一元化とは(続き) »