« 平成17年(2005年)11月8日 神の世界の一元化とは | トップページ | 平成17年11月8日 神の世界の一元化とはのダウンロード »

2015年2月28日 (土)

平成17年(2005年)11月8日 神の世界の一元化とは(続き)

平成17年(2005年)11月8日 神の世界の一元化とは(続き)

次なる御世(みよ)の信仰は、神と人とが直接に、御魂と御魂の向き合いて、おのが御魂の昇華(しょうげ)のために、ただそれのみに命を生きて、
光の示す道を求むる、神と人との協和の御世(みよ)なり。
神と人とを介するものなく、命の道が神とつながり、外(はず)れることなく、歩むのみ。
さなる高次の世界に生きる、次元の高き御魂(みたま)となれよ。
今ある命の試練に耐えて、明日(あす)の世界に思いを高めよ。
何ゆえ人の人生は、苦難や挫折の連続なるか。人との葛藤、家族の不和と、心休まる日のなきか。
人は心を、御魂を鍛えよ。
辛きときこそ、悟りを得よ。
神との対話を 試みよ。
耳に聞こえず、目に見えずとも、人は答を与えられん。
神の答は 一つのみ。その答にて、命を支えよ。
神の答に救われし 御魂はさらなる昇華(しょうげ)を果たさん。
神の世界の一元化。人の世界の一元化。
内なる世界の一元化。
次なる世界に次元を上げて、神の世界に近づけよ。
今ある生もその準備なり。
さなる答の、ことばの意味を、これより後にもよく考えよ。
自(みずか)ら考え、意味を探せよ、さにて。

|

« 平成17年(2005年)11月8日 神の世界の一元化とは | トップページ | 平成17年11月8日 神の世界の一元化とはのダウンロード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/59096258

この記事へのトラックバック一覧です: 平成17年(2005年)11月8日 神の世界の一元化とは(続き):

« 平成17年(2005年)11月8日 神の世界の一元化とは | トップページ | 平成17年11月8日 神の世界の一元化とはのダウンロード »