« 平成17年11月8日 神の世界の一元化とはのダウンロード | トップページ | 2005年(平成17年)11月20日 勇気とは・勇気ある生き方とは(続き) »

2015年3月 3日 (火)

2005年(平成17年)11月20日 勇気とは・勇気ある生き方とは

2005年(平成17年)11月20日 勇気とは・勇気ある生き方とは

神から人へ、人から神へ。
多くの課題、難題抱(かか)えて、人類全ての精進のとき。
次なる世界に残れるように、御魂を磨き、高め、浄めよ。

さにて本日、今人間に最も必要、求めらるるは勇気なり。
多くの人間、我執の者は、保身に徹し、変化を恐るる。
勇気というは、変化なり。自ら変えて、自ら作り、自ら壊し、さらに高めん。
なれど多くは今のまま、現状維持を望む者。自ら動かず、自ら進まず、人の後(あと)にて従うのみ。
なれば神の求むるは、勇気を持ちて、恐れずに、次なる世界の訪れを、たとえその身を危険にさらせど、
死をも辞さずに神のため、神を信じて、信じきり、ひたすら帰依の、委(ゆだ)ねる者たち。
なれど勇気は賢さなり。賢さなからば、ただの愚かよ。己の生を無駄にする、神の悲しむ空しき生なり。
神の神意をよく汲みて、今の己の立つ位置に、足を踏みしめ、人を見極め、流れを読みて、行動せよ。
ただ徒(いたずら)に、急ぐは愚かし。なれど動かず、何もせず、時を失して 悔やむも口惜(くちお)し。
勇気というは、一つの知恵なり。
人と人との交わりに、己を殺さず、相手も活かし、神の願いに適(かな)うよう、神のご意図を広げるよう、
己の欲得、勘定を捨て、私情も挟(はさ)まぬ行いなり。

|

« 平成17年11月8日 神の世界の一元化とはのダウンロード | トップページ | 2005年(平成17年)11月20日 勇気とは・勇気ある生き方とは(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/59133415

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年(平成17年)11月20日 勇気とは・勇気ある生き方とは:

« 平成17年11月8日 神の世界の一元化とはのダウンロード | トップページ | 2005年(平成17年)11月20日 勇気とは・勇気ある生き方とは(続き) »