« 平成18年(2006年)1月28日 ピラミッドのダウンロード | トップページ | 平成18年(2006年)2月3日 科学における神の領域と人の領域について(続き) »

2015年4月30日 (木)

平成18年(2006年)2月3日 科学における神の領域と人の領域について

平成18年(2006年)2月3日 科学における神の領域と人の領域について

神から人へ、人から神へ。互いの信頼・信仰のもと、人の進化は神に近づき、やがては神の授けし頃の、尊き御魂に進化せよ。

さにて本日、神と人との領域について、細かく答えん。
そもそも神は人を創り、命を与えしそのときに、神の御魂を分け与え、人の努力と精進にて、神の御魂に戻るよう、神の次元に上がるよう、
幾つも試練、困難与え、自ら御魂を磨き高めて、己の自我や執着を取り、利他の思いの満ち溢れる、光の御魂になることを、
そのときまでを遺伝子に込め、進化の過程を定めしもの。
なれば人は自ら努力し、神の定める進化の道を、素直に生きるが、自然の定め。
人が努力し、科学を進め、宇宙の法則、摂理を見つけ、物質のみの世界を離れ、霊の世界に高まることこそ、人の進化の早道なるを。
人のなすべき領域は、進化の道を辿(たど)ること。
進化の道とは霊へと通じる、物質世界と精神世界の、融和調和の世界なり。
物質のみに囚(とら)わるは、自ら思考の自由を損なう、低次のままの学に留(とど)まる。
本来神と人との間に、境界はなし。連続せるもの。
人の学問、技術の発達、そも行き着かば、神の領域。犯すべからぬ境はなし。
なれどそこに霊の存在、霊的世界の介在なくば、人は宇宙の摂理を狂わせ、自然の秩序を破壊せん。
神と人との領域を、分かつ基準はそれのみなり。霊的目覚め、霊的進化。
今の地上の学問技術は、霊的視点の欠けしもの。霊的世界を無視せるもの。
医療の技術も一面のみ。人の体の一部のみ。
人の命は体にあらず。一人の命は独りにあらず。

|

« 平成18年(2006年)1月28日 ピラミッドのダウンロード | トップページ | 平成18年(2006年)2月3日 科学における神の領域と人の領域について(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/59831382

この記事へのトラックバック一覧です: 平成18年(2006年)2月3日 科学における神の領域と人の領域について:

« 平成18年(2006年)1月28日 ピラミッドのダウンロード | トップページ | 平成18年(2006年)2月3日 科学における神の領域と人の領域について(続き) »