« 平成17年(2005年)7月21日  霊能と学問について | トップページ | 平成17年(2005年)7月21日  霊能と学問についてのダウンロード »

2015年6月10日 (水)

平成17年(2005年)7月21日  霊能と学問について(続き)

平成17年(2005年)7月21日  霊能と学問について。両者をどのように結び付けていけばよいのか(続き)

霊能なるは迷いにあらず。非科学・非合理・非論理ならず。
この世に見える現象の、奥に見えざる宇宙の仕組みを、余計の仲介・介在なく、瞬時に人の脳に示せる、宇宙の命の真理なり。
今の地上の天災人災、科学の証明待たずして、その原因を明らかにせん。
人の病も犯罪も、全ては宇宙の進化の中で、進化に反するものを正して、進化の流れにそぐうよう、神の心に適(かな)うよう、
神の与えし気づきの機会。
今の人類、地上の者に、最も欠けて足らざるは、神への信と霊能ならん。
神への信は感謝に通ず。己を超えし偉大なるもの、この世を創り、宇宙を動かす、疑いもなき絶対なるもの。
そを認むるが、感謝の根本。謙虚な生の基本ならん。
霊能なるを蔑(さげす)む者は、いまだ進化の遅れし野人(やじん)。
過去の歴史に学ぶことなく、古人の知恵を敬うことなし。
自然の力の尊さ忘れ、飽くなき利潤の追求、妄動(もうどう)。さなる愚かの人の未来を、救うは人の霊能ならん。
神のことばを知る者は、神のことばに心を向けよ。
ひとりひとりに語りかけ、眠れる神に呼び掛けん。
眠りを覚まし、使命を悟り、約を果たすを、祈る祈りよ。
人は神の御魂を預かり、体を借りて、この世に生(あ)れ来る。
神との尊き約束を、己の命に問いかけよ。忘失(ぼうしつ)されし記憶を起こし、神本来の御魂に戻れよ。
さにて本日、霊能と学問との関係について、そのあるべきを教えたり。
正しき学には霊能要す。霊能欠けたる学問と、学の裏付けなき霊能が、今の地上を席捲(せっけん)せり。
早くに正しき形に直し、地上の乱れを改めよ。
さにて。

|

« 平成17年(2005年)7月21日  霊能と学問について | トップページ | 平成17年(2005年)7月21日  霊能と学問についてのダウンロード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/60329282

この記事へのトラックバック一覧です: 平成17年(2005年)7月21日  霊能と学問について(続き):

« 平成17年(2005年)7月21日  霊能と学問について | トップページ | 平成17年(2005年)7月21日  霊能と学問についてのダウンロード »