« 平成18年(2006年)3月5日 日本の経済についてのダウンロード | トップページ | 平成18年(2006年)3月10日 スフィンクスについて のダウンロード »

2015年6月26日 (金)

平成18年(2006年)3月10日 スフィンクスについて

平成18年(2006年)3月10日 スフィンクスについて

神から人へ、人から神へ。
残しておくべき伝えも終わり、今は人の成長と、御魂の学びを待ち望むのみ。
人の心の興味・関心、全てに神の答を与え、そこから神意を読み取るべし。

さにて本日、スフィンクスの歴史及びピラミッドとの関連について答を示さん。
スフィンクスなるは太古の昔、地上に降りし異星人、銀河の圏外、遥か遠くの、宇宙の果てより現れし、異なる次元の星より来たりて、
地球の環境、生命の有無、それらを調べに訪れり。
そのとき残せし基地なれば、宇宙と通信、交信のため。
そこに残れる遺跡遺物は、今の地上の文明科学、それらを超えし、高度のものなり。
スフィンクスの形は当時の人間、地球人らの畏敬(いけい)の念を、集めるための形を取るもの。
ピラミッドなるも基地なれど、スフィンクスはそを守るため、地球人らの攻撃を避け、そを平定するが目的なり。
古代の人と平和を保ち、地上の環境、自然を探査し、その後(のち)地球を去りぬれば、今の人にも造り得ぬ、巨大遺跡の謎を深めり。

さにて本日、スフィンクスの意味を示したり。
歴史の謎はまだまだあれど、今と次元の異なれる、別なる次元の事象もあらん。
今の次元で考えれど、解き得ぬ不思議も多からん。そに気付くもまた進歩の始まり。
疑問を持つが大切なり。さにて。

|

« 平成18年(2006年)3月5日 日本の経済についてのダウンロード | トップページ | 平成18年(2006年)3月10日 スフィンクスについて のダウンロード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/60525692

この記事へのトラックバック一覧です: 平成18年(2006年)3月10日 スフィンクスについて:

« 平成18年(2006年)3月5日 日本の経済についてのダウンロード | トップページ | 平成18年(2006年)3月10日 スフィンクスについて のダウンロード »