« 平成19年(2007年4月15日) 裁くことと許すことのダウンロード | トップページ | 平成19年(2007年)5月1日 豊かさとは(続き) »

2015年8月19日 (水)

平成19年(2007年)5月1日 豊かさとは

平成19年(2007年)5月1日 豊かさとは

神から人へ、人から神へ。
心の豊かさ、寛(ひろ)さ、優しさ、全てが人に備わりて、
己の幸せ、得(とく)のみになく、人のためにと与える心、人の幸せ喜ぶ心、そが人の心の真(まこと)の姿。
なれど今の世、心の曇り、欲に眩(くら)める心の眼(まなこ)に、映るは物質、金銭ばかり。
真(まこと)の心の奥底にある、尊(とうと)き尊厳(そんげん)、清き御魂は、隠され、覆(おお)われ、忘れられ。
人に本来授けられし、神の御魂の輝きを、光を戻し、甦らせよ。
計算 打算の 関係は、必ずいつかは滅ぶもの。
憎しみ恨みの因(もと)となり、かえりて己を傷つけなん。
人への感謝、尊敬は、やがては己に戻るもの。人を救わば己を救う。
他を利(り)し 己を後(あと)にせば、いつか己が最も豊かに。
人の心は物質に、目に見ゆものにも 顕(あら)われるもの。
豊かで清き心の者は、身も健やかに、安らかに、周りの者の心を癒(いや)す、その場を照らす光とならん。
場も和やかに、穏やかなれば、神の心も慰められて、さらに光は強まりゆかん。
世の物質や金銀財宝、そこには欲の凝(こ)り固まりて、心の目をば、濁(にご)らす因果。
真(まこと)の価値ある心を失い、損(そこ)ね汚して 貶(おとし)めぬるを。

|

« 平成19年(2007年4月15日) 裁くことと許すことのダウンロード | トップページ | 平成19年(2007年)5月1日 豊かさとは(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/61244309

この記事へのトラックバック一覧です: 平成19年(2007年)5月1日 豊かさとは:

« 平成19年(2007年4月15日) 裁くことと許すことのダウンロード | トップページ | 平成19年(2007年)5月1日 豊かさとは(続き) »