« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月29日 (土)

平成19年(2007年)5月19日 随神(かんながら)について

平成19年(2007年)5月19日 随神(かんながら)について

神から人へ、人から神へ。
神から人への伝えも終わり、今は一人の人間として、意志持ち生きる人として、神の答に頼らずに、自(みずか)ら考え、行なえよ。
神の答は正解になし。多くの方法、選択肢、そこから選ぶは本人のみ。

神のご意志に沿いながら、尚も己の意志を尊(とうと)び、神のご意図に外れぬ生き方。
そは人の自(みずか)らが、長き年月、時間をかけて、多くの経験、失敗を経て、やがては悟り、到達するもの。
なれば人は今ある環境、人間関係、境遇にて、最善努力を尽くすのみ。
そこそが真(まこと)の随神(かんながら)。
迷いも大切。疑問も必要。
神のせいにし、考えもせず、成り行き任せに流されるになし。
随神(かんながら)とは、努力すること。
さらなる進歩 向上めざし、確かな約束、保証のなくとも、ただに己の信ずる道を、結果の責(せき)も負(お)う覚悟にて、神を信じて歩むこと。
神は教えず、導かず。人の失敗、避けさせず。
人の魂、霊性の、進化に役立つことならば、見守るのみにて、手を差し伸べず。
神の慈愛の大きさを、深さを思えよ。広さを忍べよ。
神の願いを知る者ならば、答は自(おの)ずと明らかならずや。
絶えず省(かえり)み、振り返り、己の非あらば、自(みずか)ら気付けよ。
人は神に守らるるとも、今生(こんじょう)世界に生まれしは、自(みずか)ら御魂を鍛えるためなり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月28日 (金)

平成19年(2007年)5月8日 戦争についてのダウンロード

平成19年(2007年)5月8日 戦争について のダウンロードはこちらから ↓

「2007_05_08.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

平成19年(2007年)5月8日 戦争について(続き)

平成19年(2007年)5月8日 戦争について(続き)

己の内より蒔(ま)かれし種なら、自(みずか)ら刈るが務めならん。
土の上に現われたる、葉や茎(くき)のみに惑わされず、土中(どちゅう)の根をば 絶(た)やすべし。
心の底に巣食いし我欲。人との違いを 喜び、悲しみ、人と同じを厭(いと)うさもしさ。
神の前には全ては同じ。違いもなきよう 与えし御魂よ。
御魂を清め、心を高め、体を鍛える そのために、幾つも与えし 試練の機会。
心の弱さをこそ恥じよ。神の御前(おんまえ)、隠すは能(あた)わず。
己の穢(けが)れに目を向けず、他(た)を責め、謗(そし)る 愚かさ、鈍さ。

神の世界に戦いはなし。神は自(みずか)ら改めて、己の罪を 悔(く)い 詫(わ)び、正(ただ)す。
人の世界も さもあれよ。神の裁きを俟(ま)つなかれ。
人と人との争いは、人自(みずか)らが解決すべし。さるまでこの世の戦争も、殺戮(さつりく)、紛争(ふんそう)、終わることなし。
己の内に燃える火種(ひだね)を、おのおの悟り、戒めるべし。

さにて本日、競争なるの発展せし、人類地球の最も悲惨な、戦争なるを解き示したり。
今後の修行の糧(かて)とせよ。さにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月26日 (水)

平成19年(2007年)5月8日 戦争について

平成19年(2007年)5月8日 戦争について

神から人へ、人から神へ。
人の世界の争い、戦い。相手を抑(おさ)え、圧(あっ)し、制して、己の我欲、我執を広げ、自(みずか)ら我欲に囚(とら)わる哀れ。
人は神の子、自由の心。神に賜わる清き御魂の ままに生きなば、全ては安く、平らに治まり、丸く回らん。
その平安を乱す素、秩序を荒らし、心を狂わす、そが執着と無明(むみょう)の煩悩(ぼんのう)。
自(みずか)ら考え、自(みずか)ら求め、自(みずか)ら省(かえり)み、自(みずか)ら動く。さなる人に授けし自由を、人は自(みずか)ら放棄して、自(みずか)ら闇へと己を落とす。

人に備えし神の恵みの、感性、知性、理性、霊性。
その尊きを打ち忘れ、地位や権力、財力に、容易になびき、従う危(あや)うさ。
己の持てる恵みを活かさず、儚(はかな)き富や名声求め、そのみを生の意味とあやまつ。
人の最も大切なるは、生まれし意味は、目的は、神の与えし恵みの全てを、さらにも高め、磨くこと。
己のために、他(た)のために、地球のために、宇宙のために、神の願いをよく知りて、その実現に貢献すること。

なれば争い、戦いは、最も神の願いに遠き、最も忌(い)むべき、罪ならん。
戦う者の心の奥の、憎しみ、妬(ねた)み、恨み、悲しみ。そもまた哀れな人の性(さが)なり。
心の動きに目をそらさず、しかと見つめて、逃げ出さず。
人の進歩は乗り越えること。
大きな危難(きなん)、苦難(くなん)、困難(こんなん)。乗り越えられぬは一つもなし。
全ては己の招きし因果。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月25日 (火)

平成19年(2007年)5月1日 豊かさとは のダウンロード

平成19年(2007年)5月1日 豊かさとは のダウンロードはこちらから ↓

「2007_05_01.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

平成19年(2007年)5月1日 豊かさとは(続き)

平成19年(2007年)5月1日 豊かさとは(続き)

清き心の目をば啓(ひら)けよ。
汚れも乱れも、悪も邪(じゃ)も、見抜く 直(す)ぐなる 心の目。
偽善(ぎぜん)の行い、虚飾(きょしょく)のことば、慈善(じぜん)の真似事(まねごと)、虚偽(きょぎ)の糊塗(こと)。
心の目にて見通して、己を守り、関わるなかれ。
さもしき心の波動を避けて、御魂の清さを保つべし。
心の乱れ、荒廃は、さもしき波長に共鳴し、目をば曇らす素ならん。
神を敬い、自然に感謝し、己も地球の一部なること、神の授けし御魂なること、そをば謙虚に思い起こして、
日々に重ねる罪を詫び、神の許しのあらばこそ、この世をようやく 生き得(う)る命よ。
儚(はかな)き命も、儚(はかな)きになし。
一つの虫の命にも、宇宙の始めの 神の願いの こもらぬ命の一つもなきを。
人の命は尚の事。神の願いを、祈りを託し、創り初(そ)めにし 造化(ぞうか)の妙(みょう)よ。
真(まこと)の豊かさ 問うならば、己の命を思うべし。
神の与えし、心と体、そに込められし、神の愛。
神の恵みと 深き愛。そこそが真(まこと)の豊かさならずや。
人たる今の命こそ、豊かさ顕(あら)わす答ならずや。
己の外に求むるなかれ。内なる御魂を省(かえり)みるべし。そこに込めらる祈りと恵み。
人は神と共にあるもの。
いかなる時も、御魂の奥に、神の願いは息づきて、御魂の目覚めを 呼び掛け続けん。

さにて本日、豊かさの意味に答えたり。御魂の奥の神の愛、神の願いに気付くこそ、豊かを知るの 気付きとならん。
よく振り返り、見直すべし。さにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

平成19年(2007年)5月1日 豊かさとは

平成19年(2007年)5月1日 豊かさとは

神から人へ、人から神へ。
心の豊かさ、寛(ひろ)さ、優しさ、全てが人に備わりて、
己の幸せ、得(とく)のみになく、人のためにと与える心、人の幸せ喜ぶ心、そが人の心の真(まこと)の姿。
なれど今の世、心の曇り、欲に眩(くら)める心の眼(まなこ)に、映るは物質、金銭ばかり。
真(まこと)の心の奥底にある、尊(とうと)き尊厳(そんげん)、清き御魂は、隠され、覆(おお)われ、忘れられ。
人に本来授けられし、神の御魂の輝きを、光を戻し、甦らせよ。
計算 打算の 関係は、必ずいつかは滅ぶもの。
憎しみ恨みの因(もと)となり、かえりて己を傷つけなん。
人への感謝、尊敬は、やがては己に戻るもの。人を救わば己を救う。
他を利(り)し 己を後(あと)にせば、いつか己が最も豊かに。
人の心は物質に、目に見ゆものにも 顕(あら)われるもの。
豊かで清き心の者は、身も健やかに、安らかに、周りの者の心を癒(いや)す、その場を照らす光とならん。
場も和やかに、穏やかなれば、神の心も慰められて、さらに光は強まりゆかん。
世の物質や金銀財宝、そこには欲の凝(こ)り固まりて、心の目をば、濁(にご)らす因果。
真(まこと)の価値ある心を失い、損(そこ)ね汚して 貶(おとし)めぬるを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

平成19年(2007年4月15日) 裁くことと許すことのダウンロード

平成19年(2007年4月15日) 裁くことと許すことのダウンロードはこちらから ↓

「2007_04_15.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

平成19年(2007年4月15日) 裁くことと許すこと(続き)

平成19年(2007年4月15日) 裁くことと許すこと(続き)

この世にあるもの 全てが縁なり。宇宙の創世、その始めより、全てはつながる 縁のもの。
今ある事象、現象は、分かれて見えるも、全ては同根。
独りの邪悪も、独りの正義も、幻なるを悟るべし。
さなる悟りに目を啓(ひら)きなば、神の心に近づきて、慈愛の情(なさけ)の 胸に湧くべし。
罪への憤怒(ふんぬ)、報復、仇討(あだう)ち、そは迷いなり、迷妄(めいもう)なり。暗き心の闇なりて、己の傷をも深めるばかり。

神の願いを思うべし。
人の心の寛容に、罪の因果を己に見出し、復讐心を乗り越えて、憎悪の連鎖を断ち切ることを。
人の御魂の向上は、人を許すに如(し)くはなし。
辛きを忍び、悔しきを耐え、さにて手に入(い)る、真(まこと)の昇華(しょうげ)。
厳しきものなり、昇華(しょうげ)の道程(みちのり)。
なれど必ず神は歓び、人の昇華(しょうげ)を見守りゆかれん。
人の命は独りにあらず。神の見守り、導くを、知らずに生きる 命の旅なり。
終わりも見えぬ、果て無き道を、飽きることなく、諦(あきら)めるなく、息長く生き、歩むのみ。
人との出会いの全てが学び。己の欠けるを気付かす機会。
出会いし人を 敬(うやま)い、畏(かし)こみ、神のご意図を見出すべし。
そもまた人の修行とならん。

さにて、本日、人を許すことの尊さ、命の意味を伝えたり。
これから後も、学びて生きよ。学びは一生、終わることなし。さにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

平成19年(2007年4月15日) 裁くことと許すこと

平成19年(2007年4月15日) 裁くことと許すこと

神から人へ、人から神へ。
今の人類、多くの者の 積(つ)み越(こ)し穢(けが)れ、罪科(つみとが)を、人は禊(みそ)ぎて、贖(あがな)いて、神の許しを得んために、
現世 命のある意味を よくわきまえて、身を慎(つつし)むべし。
人は本来 罪深き者。
生きる全てが罪の連続、他を傷つけずに生きる能(あた)わず。
なれば人は 敬虔(けいけん)に、さらに謙虚に 慎み深く、己の生きてあることを、さらにも感謝し、愛(お)しむべし。
命のあるを、許されしこと。
生きて地上の生を楽しみ、自然の恵みを授けられ、
己の命の意味をも知らず、生の根源、そも知らぬまま、
不平不満に明け暮れる、愚かな罪を重ねるものなり。
己の罪の深さも気付かず、人の罪には厳しく対し、そを裁かんと法を定めて、罰を科(か)すさえ 数多(あまた)あり。
なれど人は全てが罪人(つみびと)。
自然の掟を破る者、心を汚し、貶(おとし)める者、天の法則、そを乱し、さらに我欲を極(きわ)める者。
人はこの世の短き生を、人を愛することのため、
人を助けることのため、利他の心を育(はぐく)むために、少しも使うが大切なるを。
人の多くはそを忘れ、己の我欲を追求し、人を押しのくことに費やす。
人を裁くも罪ならん。人は人を裁く能(あた)わず。能(あた)うは ただに 許すことのみ。
罪は独りの罪ならず。全てが罪の責(せき)を負う者。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 7日 (金)

気仙沼だより(31)

(事務局より)

皆様

本日はひふみともこ先生が東日本大震災の直後から、慰霊の一環として行っておられます東北地方での活動のご様子を「気仙沼だより」としてお送りさせていただきます。

亡くなった方たちのためだけではなく、生き残った方々を励まし、なぜ残されたのか、に気づいていただくことも慰霊である、という神様のお言葉を実行されています。

それでは7月のご訪問の様子を以下に掲載させていただきます。

===================================================================

気仙沼の報告㉛(平成2771920日)

◎平成27719日 

昨日夜に気仙沼に来ていたので、朝は8時半までゆっくりホテルで過ごすことができました。

今回も学生7名が参加します。新潟や山形・群馬など様々なところから集まってくれました。中心的に活躍してくれたのは3回目の参加となるK.Tさん、女子学生です。今時の若者には珍しいくらいに気配りも細やかで礼儀正しい学生さんです。

 9時に駅前で集合して出発です。

●気仙沼市 共徳丸跡

 まずは気仙沼市内の被害状況を学生たちに説明するために、共徳丸のあった場所に向かいます。共徳丸そのものは撤去され、その跡地に津波の来た高さまで盛り土をしてあります。盛り土の高さは3.5メートルくらいでしょうか。献花台もあります。当時の市内で発生した火災を示す写真なども展示してあります。盛り土の上は展望台のようになっており、市内の嵩上げがかなり進んでいることが見て取れます。

●陸前高田市 ベルトコンベア

 今市内で最も目を引くのは、高さ10メートルくらいの中空に広がる全長3キロにも及ぶベルトコンベアでしょう。青空の下、ベルトコンベアが銀色に光ります。

一見、遊園地のジェットコースターのようでもあります。近くの山を切り崩し、その土を市内に運んで嵩上げをするためです。このベルトコンベアのおかげで、嵩上げは3倍も速く進んで いるそうです。

この光景を目にするたびに、暗澹たる気持ちになります。

 そこまでして嵩上げする必要があるのかという疑問が湧いてきます。

ベルトコンベアを作るだけでも相当のお金がかかったことでしょう。

そんな莫大なお金と膨大な労力を使うくらいなら、もっと別の防災の仕方にお金をかけたほうがいいのではないでしょうか。

自然の山を切り崩して、生態系に影響はないのでしょうか。

何千年も前からそこにあった山や森を、そんなに簡単に切り崩していいのでしょうか。

今回も高台(近くのそうした山々)に逃げて助かった方も大勢いらっしゃるのに、それを切り崩してしまったら避難する山がなくなってしまうのではないでしょうか。

森が消滅すれば、別の災害、例えば土石流などが起きる恐れはないのでしょうか。

嵩上げをしたところは本当に安全なのでしょうか。液状化などの心配はないのでしょうか。 嵩上げしたところには住みたくないという声も聞かれるそうです。

今回の津波よりも高く嵩上げしたそうですが、嵩上げした土地の高さよりも高い津波が来ないという保証は何もないのです。

 これが復興なのでしょうか?

 自然と共に生きる人間のするべきことなのでしょうか?

 今回の震災から本当に学ぶべきことを学んだと言えるのでしょうか?

●陸前高田市 気仙大工左官伝承館

 10時半に気仙大工左官伝承館に到着。語り部の武藏裕子さんに、当時の様子などを語って頂きます。

 震災当日も武藏さんはこの伝承館にいらっしゃって、津波の様子をしっかりと見届けられた

そうです。広田湾の海水が引いて行き、次に真っ黒い濁流が押し寄せてきました。水煙を

上げながら家や車が巻き込まれていきます。立っていられないくらいの激しい揺れが続きます。

 目の前で繰り広げられる惨状から目をそらそうとしたとき、「目をそらすな。しっかりと見よ。そして後世に伝えよ」という声が、耳元から聞こえたそうです。

 「津波てんでんこ」津波が来たら、とにかく逃げること。まずは自分の身を守ること。

 学生たちは声もなく聞き入っています。

 武蔵さんの思いは、学生たちの胸の奥まで届いたことでしょう。

 ありがとうございました。

●陸前高田市 O.Fさん宅

 O.Fさんの仮設住を訪問するのは何度目でしょうか。来週には新居に引っ越されるので、学生たちが仮設住宅に入れる最後の機会となりました。

 新居に移られるのですから、さぞ晴れ晴れと喜んでいらっしゃるかと思いきや、毎日悶々とした悩みを抱えていらっしゃるそうです。これまで親しく言葉を交わしていたご近所の方たちが急によそよそしくなられたとか。これまで苦楽を共にしてきた仲なのですから、O.Fさんにとっては身を切られるように辛いことでしょう。

一方、ご近所の方たちの心中も察せられます。

これまで何かと頼ってきた、仮設の中心的存在のO.Fさんが仮設を去ることの喪失感・空しさ・淋しさ・取り残されていく不安・焦り・嫉妬など、言葉では表せない複雑な胸中だと思います。

「仲間」だからこそ、これまで腹を割って話し合ってこられたのに、「仲間」でなくなっていくと思った時から心を開けなくなってしまい、それを自分でもどう処理していいのかわからないもどかしさもあるのかもしれません。

表面的なお付き合いだけだったなら、お愛想笑いで取り繕うこともできたでしょうが、それさえできない苛立ち、腹立たしさ、切なさ、やるせなさも混じり合っているのかもしれません。

 仮設を去る人。残される人。

それぞれの胸の奥深くに、どこにも、誰にもぶつけられない様々な思いが渦巻いています。

それらの思いを呑み込んで、復興は進んでいきます。

●気仙沼市 仮設商店街

 夜は復興屋台村の「はまらんや」さんへ。

それぞれに感じたことを話し合ったりして、親睦を深めました。

 今日1日お疲れ様でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

平成19年(2007年)3月9日 宇宙と神についてのダウンロード

平成19年(2007年)3月9日 宇宙と神についてのダウンロードはこちらから↓

「2007_03_09.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

平成19年(2007年)3月9日 宇宙と神について(続き)

平成19年(2007年)3月9日 宇宙と神について(続き)

なれど人は神の意志、神の意図より、遠く離れて、宇宙の真理に背(そむ)き始めり。
宇宙は神の ご意図の現われ、神の祈りを表わすものなれ、その縮図なるが、地球の自然、一つ一つの命たちなり。
なれば宇宙は神を表わし、神は宇宙に願いをこめられ、進化の過程を託されし。
宇宙の進化に伴いて、人は己の魂を、霊性進化を進めるべきもの。
物質のみに捉(とら)われず、その奥にある神のご意図を、神の願いを汲み取りて、そに従いて、生きるが務めよ。
宇宙と星とは一体のもの。一つの命を構成せるもの。
なれば、一つ一つの星々が、それぞれ必要、欠かせざるもの。
宇宙は無機なる物質ならず。地球も無意思の無機物ならず。
全てが命を、魂を持ち、務(つと)めをわきまえ、生を営(いとな)み、
神の願いを忠実に、素直に具現す 神の現われ。神の写し絵、至高の芸術。
彼方(かなた)に見える星一つにも、無限の時間を越えし命が、これより後の何億光年、神の祈りをたたえて輝く。
宇宙と神と、地球と人と、全ては一つの、偉大な命。
命なれども、分かれて生きて、それぞれ役目を全(まっと)うすべく、輪廻(りんね)転生(てんしょう)、形を変えて、
時代に応じ、場に応じ、地上に現れ、使命を果たす。
互いに求め、互いに与え、互いに助け、互いに救われ、それぞれの縁の輪を広げよ。
一人は一人の命にあらず。
全てが結ばれ、補い合い、分け合い、出し合い、助け合い、祈りを共に実現させよ。
さにて本日、神と宇宙、地球と人と、全てが一つにて神の願いを実現すべき、宇宙の根本を伝えたり。
忘れず励めよ、倦(う)まず 弛(たゆ)まず。さにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »