« 平成19年(2007年)5月26日 優しさについてのダウンロード | トップページ | 平成19年(2007年)5月27日 厳しさについて(続き) »

2015年9月14日 (月)

平成19年(2007年)5月27日 厳しさについて

平成19年(2007年)5月27日 厳しさについて

神から人へ、人から神へ。
互いの優しさ、厳しさは、当人のみの間にて、交流、交換、交替せるもの。
なれば人はお互いの、思いの強さ、熱さにて、優しさ、厳しさ、変わるもの。
人は相手を思うとき、少しの私情(しじょう)も挟(はさ)まぬは なし。全てにわずかの私意(しい)、私心(ししん)、私欲(しよく)も混じるが人間なり。
なれば人は 他人(ひと)に厳しく、己に優しく 甘くなるもの。
己に厳しく、強かるべしと、思えば思う、そのほどに、己に克(か)てぬ 弱さも露(あら)わに。
なれば人は、厳しさ捨てよ。他人(ひと)にも自己にも、優しくあれよ。
厳しさなるは、難(むずか)しきもの。相手のためと思いても、そはただ己の 独善 多し。
厳しさの奥の傲慢さ。己を他人(ひと)より上位に捉え、他人(ひと)より優(まさ)ると履(は)き違(ちが)う基(もと)。
人は全て、同等なり。愚かさ、弱さ、浅はかさ。
違いはわずかな程度の差のみ。なれど多くは、そにも気付かず。
人には厳しさ、強さより、優しさ、弱さが、宝なり。
怒りを鎮(しず)め、恨みを慰(なぐさ)め、
心を温(あたた)め、気持ちを休め、
弱さを支え、愚かさを愛(め)で、
全てを受け取る 広さ、大きさ。
涸(か)れて草さえ芽も出さぬ、砂漠の原に、潤(うるお)いを。
命を息吹(いぶ)かす源は、慈雨の情けの あればこそ。

|

« 平成19年(2007年)5月26日 優しさについてのダウンロード | トップページ | 平成19年(2007年)5月27日 厳しさについて(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/61610967

この記事へのトラックバック一覧です: 平成19年(2007年)5月27日 厳しさについて:

« 平成19年(2007年)5月26日 優しさについてのダウンロード | トップページ | 平成19年(2007年)5月27日 厳しさについて(続き) »