« 平成19年(2007年)6月12日 人の傲慢さ | トップページ | 平成19年(2007年)6月12日 人の傲慢さのダウンロード »

2015年9月30日 (水)

平成19年(2007年)6月12日 人の傲慢さ(続き)

平成19年(2007年)6月12日 人の傲慢さ(続き)

気付かざるまま、年を経て、ますます強める、頑迷(がんめい)固陋(ころう)。
驕(おご)れる人こそ、省(かえり)みるべし。振り返るべし。恥じるべし。
人のことばに 耳貸せざらば、せめても己を鏡に写せよ。
そこに写れる 驕(おご)り、高ぶり。少しも気付かば、救いもあらん。
気付かぬことこそ、憐れむべし。
我執(がしゅう)の砦(とりで)に、自(みずか)らこもれる、迷える御魂を いかに救わん。
ことばの光に導かれよ。閉ざせる心の壁をさえ、ことばの光は、貫(つらぬ)き通さん。
凝り固まりし 迷妄(めいもう)も、雨水(うすい)が石を穿(うが)つ如(ごと)、ことばに啓(ひら)かれ、解き放たれん。
傲慢なるも、人の弱さよ。
愚かな者の陥(おちい)りやすき、罪なきあやまち、過失なり。
早くに気付くに 如(し)くはなし。
傲慢なるは心の束縛。心の重荷となるばかりなり。
自(みずか)ら捉(とら)われ、拘(こだわ)りて、己の首を絞めて苦しむ。

賢(かしこ)かるべし。聡(さと)かるべし。
人は己の人生を、身軽に生きて、長く旅せよ。さにて多くを学ぶべし。
神の願いもそこにあり。人の命が輝きて、生きる実りの豊かなれ。

さにて本日、傲慢の愚かさを教えたり。自(みずか)ら戒め、問い直すべし。さにて。

|

« 平成19年(2007年)6月12日 人の傲慢さ | トップページ | 平成19年(2007年)6月12日 人の傲慢さのダウンロード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/61842577

この記事へのトラックバック一覧です: 平成19年(2007年)6月12日 人の傲慢さ(続き):

« 平成19年(2007年)6月12日 人の傲慢さ | トップページ | 平成19年(2007年)6月12日 人の傲慢さのダウンロード »