« 平成19年(2007年)7月18日 家族について のダウンロード | トップページ | 平成19年(2007年)7月19日 夫婦について(続き) »

2015年10月25日 (日)

平成19年(2007年)7月19日 夫婦について

平成19年(2007年)7月19日 夫婦について

神から人へ。人から神へ。
互いの信頼、尊敬、愛、全てが夫婦に必要なもの。

夫婦というは命の源。命を生み出し、命を育て、そこより新たな生命を、次なる世代を 世に出(い)だす。
なれば夫婦は神と同じく、命を作りて 世を作る。神と同じの働きなすもの。
なれどこの世に 今ある夫婦は、多くは基本を忘れ果て、
互いの役目も省(かえり)みず、おのおの勝手な 生き甲斐(がい) 求めて、
相手の存在、結ばれし意味、そも考えず、自己中心に、己の欲求、己の快楽、そのみを追いて 日を送る。

この世に生まれて、生を生き、命の尊(とうと)き意味を知り、そを伝え継(つ)ぐ ありがたき役。
神に結ばれ、出会いし縁よ。
互いが波動を高め合い、宇宙の波動に共振し、宇宙の始めの高き波動に、御魂の底より 高鳴れよ。

命は独りの生になし。二つの波動の交(まじ)わりて、そこより生まれる新たな波動。
異なる波動の組み合いてこそ、波動も高まり、強まる道理。
宇宙の波動の光を受けて、そこより生まれる命こそ、宇宙の波動の一つの顕(あら)われ。
神より為(な)し得(え)ぬ 尊(とうと)きみ業(わざ)を、人も宇宙の力を借りて、神のみ業(わざ)を 起こし得(う)る。
かくして人は、子を産むことにて、神の奇跡を自(みずか)ら行い、命の神秘を 知らさるる。

|

« 平成19年(2007年)7月18日 家族について のダウンロード | トップページ | 平成19年(2007年)7月19日 夫婦について(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/62212954

この記事へのトラックバック一覧です: 平成19年(2007年)7月19日 夫婦について:

« 平成19年(2007年)7月18日 家族について のダウンロード | トップページ | 平成19年(2007年)7月19日 夫婦について(続き) »