« 明けましておめでとうございます | トップページ | 平成19年(2007年)11月8日 卑怯(続き) »

2016年1月 5日 (火)

平成19年(2007年)11月8日 卑怯

平成19年(2007年)11月8日 卑怯

神から人へ、人から神へ。
神の願いは 人の成長。
心豊かに、健やかに、人の成功、幸せ喜び、己の幸(さち)のみ 追うことなく、全ての人の 平和を願い、そのため一身(いっしん)、生を捧げる。

さにて本日、卑怯なることの意味を 説き示さむ。
今のこの世の現実は、全ての人の問題なりて、人の心を蝕(むしば)むが、卑怯を恥じる 心の喪失。
人は神の子、神からの、尊き御魂を 分かたれしもの。
なれば心に曇りなく、何に照らせど、恥じるなく、面(おもて)を上げて、天仰(てんあお)ぎ、
澄みし瞳に 翳(かげ)りなく、神の御前(みまえ)に、ためらうことなし。
神の言葉は 速(すみ)やかに、心に通り、御魂に透(とお)る。
少しの疑問も、不信も抱(いだ)かず、素直に受け容れ、歓(よろこ)び 賜(たまわ)る。
なれど心に不平持ち、心の疚(やま)しさ 抱(かか)えるものは、神の言葉は 煩(わずら)わしさのみ。
己の行い、考えの 非を認めるは、辛(つら)し、憂(う)し。
そを改むは、さらにも難(かた)し。
さにして人は、罪重ね、穢(けが)れを深めて、迷いに苦しむ。

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 平成19年(2007年)11月8日 卑怯(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/63324650

この記事へのトラックバック一覧です: 平成19年(2007年)11月8日 卑怯:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 平成19年(2007年)11月8日 卑怯(続き) »