« 平成20年(2008年)6月21日 誠意・誠実であること | トップページ | 平成20年(2008年)6月21日 誠意・誠実であることのダウンロード »

2016年3月 4日 (金)

平成20年(2008年)6月21日 誠意・誠実であること(続き)

平成20年(2008年)6月21日 誠意・誠実であること(続き)

誠意を失うことなかれ。
誠意を捨てて、狡猾(こうかつ)さ、悪(わる)知恵(ぢえ)ばかりを 身につける、卑しき人と なるなかれ。
落ちるは易(やす)く、戻るは 難(かた)し。
一度(ひとたび) 堕落(だらく)し、そに染(そ)まりなば、そこより抜けるは、さらにも辛し。
一人努力し、あがきても、周りに集まる同じ素性(すじょう)に 再び戻され、引き込まれ。
崩(くず)れし御霊を立て直すには、神の導き、ことばが必要。
人と生まれし意味を説き、厳しく諫(いさ)め、優しく諭(さと)さむ。
人の人たる 根源へ、御霊の元へと、立ち返らせむ。
畜生(ちくしょう)道(どう)に落ちるとも、神のことばは光となりて、正しき道を 指し示す。
光の導く方(かた)へと進めよ。
この世に溢(あふ)れる 悪鬼(あっき) 羅刹(らせつ)よ。そこにも神の光は届かむ。
暗闇こそに光は輝き、暗きを照らし、明らかにせむ。
人は人の道に戻りて、神の示さる道を行く。そのみが人の幸せなり。
外(はず)れし道を 進めども、そこにて待つは、煩悩(ぼんのう)ばかり。

人の本性(ほんしょう)、そが誠意。
誠実なるが 人の真性(しんせい)。
その真実を忘れずに、修羅(しゅら)に生けるを 救いてゆけよ。
神の願いも、そのことなり。さにて。

|

« 平成20年(2008年)6月21日 誠意・誠実であること | トップページ | 平成20年(2008年)6月21日 誠意・誠実であることのダウンロード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/64278709

この記事へのトラックバック一覧です: 平成20年(2008年)6月21日 誠意・誠実であること(続き):

« 平成20年(2008年)6月21日 誠意・誠実であること | トップページ | 平成20年(2008年)6月21日 誠意・誠実であることのダウンロード »