« 気仙沼だより(平成28年2月26・27・28日) (続き) | トップページ | 平成20年(2008年)8月31日 知性 のダウンロード »

2016年4月10日 (日)

平成20年(2008年)8月31日 知性(続き)

平成20年(2008年)8月31日 知性(続き)

知性は ことばで磨くもの。
ことばがなくば、知性は目覚めず。
知性は 御魂の奥底の、記憶を過去に 遡(さかのぼ)り、これから人の向かうべき、最も賢(かしこ)き 行方(ゆくえ)を示さむ。
人はこの世に生ある限り、知性に照らして 己を省(かえり)み、
生れしときより さらにも賢(さかし)く、叡智(えいち)の宝を 豊かに富ませよ。
叡智(えいち)の宝は 使うべきもの。人に隠して 貯めるにあらず。
己のためより 人のため、世のため、地球の平和のために、
使わば使い、出すほどに、叡智(えいち)は栄え、さらに増さむ。
惜しみ、しまわば、叡智(えいち)は萎(な)えて、やがては腐れ、朽(く)ちゆくばかり。

知性は正しく使うべし。
過去のあやまち、そに学び、繰り返さぬも 知性なり。
正しき心に、知性は宿り、正しき生へと導かむ。
正しき心と 正しき知性。そを養(やしな)うも 基本は 神なり。
神のことばは 人に易(やさ)しく、生きるよすがを 指(さ)し示さむ。
迷えるときは 神に頼れよ。神に求めよ、神のことばを。
神のことばは さらにも深き、人の知性を育(はぐく)まむ。さにて。

|

« 気仙沼だより(平成28年2月26・27・28日) (続き) | トップページ | 平成20年(2008年)8月31日 知性 のダウンロード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/64909736

この記事へのトラックバック一覧です: 平成20年(2008年)8月31日 知性(続き):

« 気仙沼だより(平成28年2月26・27・28日) (続き) | トップページ | 平成20年(2008年)8月31日 知性 のダウンロード »