« 平成20年(2008年)10月7日 霊性 | トップページ | 平成20年(2008年)10月7日 霊性(続き) »

2016年5月 2日 (月)

平成20年(2008年)10月7日 霊性(続き)

平成20年(2008年)10月7日 霊性(続き)

人のこの世の 命は短し。生まれて得(え)らるは 露ほどの知恵。
万巻(まんがん)の書も、先人の知も、宇宙の神秘の一部のみ。
なれど人の御魂の奥には、この世の儚(はかな)き知識を超えし、無限の叡智(えいち)を 備えらる。
なれば人は霊性にて、尊く、賢く、命を生きて、次なる命へ そを継(つ)ぐ務(つと)め。
感性、知性、理性は全て、人のこの世の生のため、よりよく生きる、そのために、神の与えし 恵みなり。
なれど人は 現世のみの、儚(はかな)き命を生きるにあらず。
肉体のみの生ならず。
御魂の奥に、宇宙を感じ、己の体に宇宙を見つけ、宇宙の意志を 読み解けよ。
一人の生は、小さくとも、一人ひとりが宇宙なり。
宇宙の意志の一部なり。
現世(げんせ)利益(りやく)に理性を失い、己の欲の僕(しもべ)と化して、
無駄に知性を肥大させ、宇宙の意志より 遠ざかれり。
かくて人の得(え)しものは、果てぬ苦悩と、絶えざる不安、止(や)まぬ疑い、満たされぬ欲。
神の授けし、命の尊さ、人たる尊厳、祝福を、人は瞬時に 失えり。

|

« 平成20年(2008年)10月7日 霊性 | トップページ | 平成20年(2008年)10月7日 霊性(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/65281215

この記事へのトラックバック一覧です: 平成20年(2008年)10月7日 霊性(続き):

« 平成20年(2008年)10月7日 霊性 | トップページ | 平成20年(2008年)10月7日 霊性(続き) »