« 気仙沼だより(平成28年10月1,2日)(続き) | トップページ | 平成21年(2009年)5月26日 ブラック・ホール(続き) »

2016年11月16日 (水)

平成21年(2009年)5月26日 ブラック・ホール

平成21年(2009年)5月26日 ブラック・ホール

神から人へ、人から神へ。
遠き宇宙の 銀河の果ての、宇宙の始めに広がりし、全ての元なる根源は、今も遥かに広がりて、
宇宙全てに遍満(へんまん)し、この世を覆(おお)い、時空を超えて、物質次元にとどまらず。
神の意識が 形となり、物質次元に凝(こ)り固まりて、地球も星も太陽も、意識を表わす 一部なり。
なれば宇宙は 神の意識が、全てに宿れる 空間なり。
そこにて起こる 全ての事象は、神の意思をば 体現す。
宇宙の空間、その中に、突如(とつじょ)現わる 暗黒の穴。
そこには宇宙の発展に、役目を終えし 素粒子(そりゅうし)、光子(こうし)、不要となりし物質の元、
全てが穴に吸い込まれ、浄化の後(のち)に、再び 現わる。
宇宙の高き次元には、物の移動は自由自在。消えるに見えれど、さにあらず。
形を変えるも変幻自在。素粒子となり、光子(こうし)となり、新たな力を、息吹きを受けて、宇宙進化の源となる。

|

« 気仙沼だより(平成28年10月1,2日)(続き) | トップページ | 平成21年(2009年)5月26日 ブラック・ホール(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/68456494

この記事へのトラックバック一覧です: 平成21年(2009年)5月26日 ブラック・ホール:

« 気仙沼だより(平成28年10月1,2日)(続き) | トップページ | 平成21年(2009年)5月26日 ブラック・ホール(続き) »