« 気仙沼だより(平成28年12月11日) | トップページ | 平成21年(2009年)10月13日 出口信一先生をおしみて(続き) »

2017年1月18日 (水)

平成21年(2009年)10月13日 出口信一先生をおしみて

平成21年(2009年)10月13日 出口信一先生をおしみて

神から人へ 人から神へ。
現世の出会いも、別れも、縁も、全ては神に 仕組まれしもの。
人はこの世に出会いし人と、その和を保ちて 生き永らえて、さにてこの世の み役を果たす。
尊(とうと)き出会いは 神のみ恵み。己の御魂の向上のため、神に賜る縁なれば。
人は宿世(すくせ)のしがらみを捨て、過去の執念、執着取りて、現世の生を 許さるものなれ、
ただひたすらに 今世の行を、尊(とうと)み 畏(かしこ)み、行うべけれ。
迷い、疑い、ためらいは、御魂の成長、進化と共に、外(はず)していけよ、離れゆけ。
残さる時の短きを、惜しまば、神への信 一筋に、捧(ささ)げるものは 御魂のみ。
この世の行に、疲れし身には、神の光が 降り注がれむ。
やがては 御魂は 肉体 離れ、永久(とわ)の浄土に 生まれ変わらむ。
清き祈りの言霊は、御魂を清め、地をも清めむ。

|

« 気仙沼だより(平成28年12月11日) | トップページ | 平成21年(2009年)10月13日 出口信一先生をおしみて(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/69293307

この記事へのトラックバック一覧です: 平成21年(2009年)10月13日 出口信一先生をおしみて:

« 気仙沼だより(平成28年12月11日) | トップページ | 平成21年(2009年)10月13日 出口信一先生をおしみて(続き) »