« 平成22年(2010年)9月13日 神の愛と人の愛(続き) | トップページ | 平成22年(2010年)9月13日 神の愛と人の愛 のダウンロード »

2017年3月 8日 (水)

平成22年(2010年)9月13日 神の愛と人の愛(続き)

平成22年(2010年)9月13日 神の愛と人の愛(続き)

神の慈愛は光なり。
神の慈愛は曇りなく、受ける器の人を清めて、さらなる高みに昇華(しょうげ)を許さむ。
この世に命を預かりて、肉体持ちて生れしは、ただひたすらに、神の慈愛を、この世に映す、そのためのみ。
己の小さき願望、欲望、その実現に 心奪われ、見失いしは、神との約束。
神は 人を愛するもの。
人は 神を求めるもの。
人の御魂は神の一部、宇宙の一部を 成すものなれば、人は御魂の奥底にて、神への回帰を 希求せるもの。
人の御魂の根源に、神の慈愛を 呼び覚ませよ。
人の自然は、宇宙と一体。
人は 宇宙に願うもの。宇宙の願いと一体ならむと。
人が愛の心を持つ時、人は神の願いを生きる。
人は 神に祈るもの。神の御魂に戻らむと。神の次元に昇らむと。
人の愛は、この世の次元。物質次元の愛なれど、神の慈愛を実現せしとき、人は尊き導きを得む。
神の慈愛に導かれよ。神の慈愛に身を任せよ。心素直に、しなやかに、疑う心を先ずは 治(おさ)めよ。さにて。

|

« 平成22年(2010年)9月13日 神の愛と人の愛(続き) | トップページ | 平成22年(2010年)9月13日 神の愛と人の愛 のダウンロード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/69854402

この記事へのトラックバック一覧です: 平成22年(2010年)9月13日 神の愛と人の愛(続き):

« 平成22年(2010年)9月13日 神の愛と人の愛(続き) | トップページ | 平成22年(2010年)9月13日 神の愛と人の愛 のダウンロード »