« 平成23年(2011年)1月10日 恋愛 のダウンロード | トップページ | 気仙沼だより(平成29年3月10~12日) (続き) »

2017年4月10日 (月)

気仙沼だより(平成29年3月10~12日)

(事務局より)

本日は、ひふみともこ先生がこの3月、東北地方へ東日本大震災の慰霊にいらっしゃいました際の「気仙沼だより」をお送りいたします。3月11日は震災後6年という事で、色々なところで追悼式が行われていました。

ひふみ先生が気仙沼へ慰霊に赴かれることになった経緯などは事務局のブログ

http://irohahihumi.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-e8c1.html

をご覧ください。

*********************************************************

気仙沼の報告(平成2931012日)

 今回は310日(金)の夜から気仙沼に入りました。

11日は震災から6年目。追悼式典が各地で催されます。1112日の両日、震災から6年目であることを心にしっかり刻みつけながら、被災地の様子を見たいと思っています。

◎平成29310日(金)

 18時過ぎ、一関駅で岩手県職員S.Tさんに車に乗せてもらいます。気仙沼に向かって夜の道をひた走ります。いつもは気仙沼からの帰りに、夕景を眺めながら一関まで乗せて頂くので、今日は景色も違うし、ちょっと不思議な気持ちです。

 19時半、ホテルでチェックインした後、市内の居酒屋「ぴんぽん」さんへ。地元の人気店だそうです。

店の中はほぼ満席。入り口は狭いのに、店内に一歩入ると奥行きがあります。店の奥までお客さんがひしめいています。地元の方が多いのでしょう。店全体で盛り上がっている感じです。S.Tさんが予約をしていてくださったので入れましたが、そうでなければ入れなかったでしょう。

 刺身の盛り合わせには私の好きなアワビやホタテも。新鮮で歯ごたえがよく甘みもあります。11品が大体400円前後です。お店は熱気と活力に漲っています。

お客さんたちの屈託のない笑顔の裏には、様々な思いがあるのでしょう。

でも、今は今の時間を楽しむこと!

あれこれ余計なことに気を回してしまいがちな自分の背中を押されるような気がしました。

(続きます)

 

|

« 平成23年(2011年)1月10日 恋愛 のダウンロード | トップページ | 気仙沼だより(平成29年3月10~12日) (続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/70217246

この記事へのトラックバック一覧です: 気仙沼だより(平成29年3月10~12日):

« 平成23年(2011年)1月10日 恋愛 のダウンロード | トップページ | 気仙沼だより(平成29年3月10~12日) (続き) »