« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

気仙沼だより(続き)

気仙沼だより(続き)

◎平成29年6月10日(土)
●陸前高田市・大船渡市見学と慰霊
 市内の防潮堤建設も進み、市内から海を見るためには少し高台に行かないと見えません。海沿いの2箇所で慰霊させて頂きました。

 陸前高田市には「アバッセたかた」、大船渡市には「キャッセン大船渡」というショッピング・モールができ、広い駐車場には何台も車が停められていました。どちらにも大手のチェーン店がテナントとして入っているようです。地元の方たちのお店は何件くらい入っているのでしょうか。
 ようやく買い物の楽しみが戻ってきたなら喜ばしいことです。一方で、震災前の町並みを懐かしむ方たちの声も聞きます。
でも数十年後には、この町を故郷として懐かしむ人たちの時代が来るのですね。
温もりのある町になってくださいますように。

●陸前高田市 O.Fさん宅
 約2年ぶりにO.Fさん宅に訪問させて頂きました。O.F.さんは、今まで拝見したことがないくらい、明るく生き生きされていました。
竹駒地区の仮設住宅の住民もほぼ全員、災害公営住宅に移られたとか。
 仮設住宅で一緒だった仲間たちが時々O.Fさんのお宅に遊びに来られるそうです。でも、その仲間たちは決して自分たちの新しい住居に来いとは言ってくれないし、住所さえ教えてくれないのだそうです。災害公営住宅では誰も表札を出していないとか。防犯のためというのではなく、別の理由があるようです。
 一緒に困難苦難を乗り越え、支え合って、本当の仲間だと思っていた人たちが、震災後、何故か急速によそよそしくなっていく…。その変化の理由がO.Fさんには思い当たりません。
 「私だって被災者なんだよ…」気丈なO.Fさんが目頭を押さえます。
共に助け合い、腹を割って話し合ってきたと思っていたけれど、心の中には、何か屈折した思いがあったのかもしれません。
当時は助け合わなければ生きていけないからと我慢し、抑え込み、溜め込んでいた思いが、抑えこむ必要がなくなった途端、一気に噴き出してきたのかもしれません。
 相手のためを思ってしたことも、相手にとっては負担になっていたり、有り難迷惑に思われていたこともあったのかもしれません。
 震災は人の心に様々な傷を残しました。その傷が完全に癒える日は来ないのかもしれません。

 仲間のことで涙ぐまれたO.Fさんですが、はっきり仰いました。
「私は今、とても幸せです」
 それは、聞いてくれる人、教えてくれる人、感謝してくれる人がいらしたからだと仰います。人との出会いは、自分で作り出していくものだとも。
 
「娘になってくださいね」O.Fさんに初めて言って頂いた言葉でした。
 帰り際、畑でできた新鮮なお野菜と、特産の椿油を頂きました。
 本当に、本当に、ありがとうございました。

●居酒屋 里さん
 夜は、気仙沼市内に数箇所しか残っていない仮設商店街のうちの1つ「酒場 里」さんへ。
こちらに訪れるのは3回目でしょうか。
 和服の女将さんが明るく迎えてくださいます。お店も満席です。
震災後はご主人と2人で切り盛りされているそうです。あまり無理をせず、時に温泉などに入って身体を休めたりしながら経営されているとのこと。お店も来年10月までだそうです。
それまでにはまた何回かお邪魔させていただきます!どうぞお元気で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

気仙沼だより

(事務局より)

本日は、ひふみともこ先生が今月、東北地方へ東日本大震災の慰霊にいらっしゃいました際の「気仙沼だより」を3回に分けてお送りいたします。

ひふみ先生が気仙沼へ慰霊に赴かれることになった経緯などは事務局のブログ

http://irohahihumi.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-e8c1.html

をご覧ください。

*********************************************************

気仙沼の報告(平成296911日)

◎平成2969日(金)

 18時過ぎ、一関駅で岩手県職員S.Tさんに車に乗せてもらい気仙沼へ。18時半でもまだ昼間と同じくらい明るいです。

 19時半、ホテルでチェックインした後、市内の仮設商店街の居酒屋さんへ。先客は2人だけでした。そのお客さんもすぐに帰ってしまいました。

市内の仮設商店街はこの4月で軒並み解体。一方で、災害公営住宅の建設も終わり、夜の気仙沼市内の何もない広野の何箇所かに6階から13階建ての災害公営住宅(マンション)の外灯だけが目を引きます。入居率は約80%。全戸が埋まったわけではないそうです。

一見復興は順調に進んでいるかに見えます。しかし、復興に取り残され、新しい暮らしに切り替えられず立ち往生している人も大勢いらっしゃるのです。

震災直後、無我夢中で仮設商店街を立ち上げ、歯を食いしばり必死の思いで店を経営してきた56年もあっという間に過ぎ、町の復興(嵩上げ、道路の敷設、防潮堤の建設、災害公営住宅の建設、高台移転など)が進んでいく中、次の生活が全く見えない方たち…。

新しい店舗を構えることもできず仮設を追われ、今後の生活の見通しも立たないまま立ち尽くす方たち…。

震災はいまだに多くの方たちに、新たな難題を次々と突きつけているのです。

(続きます)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

平成23年(2011年)3月29日 原発のダウンロード

平成23年(2011年)3月29日 原発のダウンロードはこちらから ↓

「2011.03.29.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

平成23年(2011年)3月29日 原発(続き)

平成23年(2011年)3月29日 原発(続き)

なれど原子を破壊せば、そこには何の再生もなし。転生もなく、滅びあるのみ。
宇宙の進化を妨げる、地上の人類、そは敵ならむ。
永久(とわ)に滅びて、潰(つい)えゆくのみ。今のままには、他(ほか)に道なし。
人の利害に測るになく、宇宙の意図を 読み取るべし。
人の霊性、進化の証(あかし)を、今こそ人は試(ため)さるときなり。
心の底より悔い改めて、自然と共に生きる道、そを求めるが、急務ならむ。
払いし犠牲は、これから後の、真(まこと)の目覚めのためなれば。
世界の民の まとまる時なり。
奇跡は神の起こすにあらず。人の祈りが起こすもの。
今こそ祈れよ。浄化せよ。穢(けが)れを、罪を、過(あやま)ちを。
清き言霊、祈りの力で、融和(ゆうわ)の絆を広げるべし。
残されし者、一人ひとりに、神は最後の願いを賭(か)けむ。
よくまとまれよ。働けよ。さにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

平成23年(2011年)3月29日 原発(続き)

平成23年(2011年)3月29日 原発(続き)

その反省を迫れるも、人の悔悟の遅れなば、最早(もはや)地球に未来なし。
今日(こんにち)までに延ばされし、最後の機会を逃(のが)すなよ。
罪を贖(あがな)う日は延ばされず。猶予(ゆうよ)のなきを、肝に銘ぜよ。
遅れが募(つの)れば、犠牲も増えなむ。犠牲のままに何も残らぬ、廃墟に神の光もなからむ。
今急がるは、人の覚醒。
利権を求め、守るため、重ねし罪の深さを知れよ。
人がこの世で生きらるは、自然の恵みのあればこそ。
自然の中に人はあり。人こそ自然の一部なれ。
摂理に逆らい、自然を壊(こわ)す、その大罪を償(つぐな)う時なり。
宇宙に存(そん)する全てのものは、神の教えを一途(いちず)に守り、宇宙の則(のり)に従うべし。
宇宙進化の流れに沿いて、神(かみ)経綸(けいりん)を進めるべし。
生まれし命は死を迎えども、再び生まれて転生せむ。
その営みを繰り返し、進化を遂(と)げるが 理(ことわり)ならむ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

平成23年(2011年)3月29日 原発

平成23年(2011年)3月29日 原発

神から人へ、人から神へ。
多くの人の命を奪い、尚 収まらぬ、混乱、混迷。
人の全てが力を合わせ、課題に向かい、手を携(たずさ)えて、これまで犯せし罪科(つみとが)の 一つ一つを償(つぐな)えよ。
生きて残りし者たちは、重き課題を負わされて、これから後の時代を担(にな)えよ。

さにて本日、人間の犯せし中でも 最も重き過(あやま)ちについて,説き聞かせむ。
原子を利用す発電は、自然の摂理に大いに反し、自然を汚(けが)し、宇宙を汚(けが)さむ。
宇宙の則(のり)を根本より、乱し崩すの行いなり。
発電の後、残さるは、地上に留(とど)まる、さらなる穢(けがれ)。大気に、水に、大地にと、永きに亘(わた)りて 広がりゆかむ。
自然万物、調和の世こそ、宇宙のあるべき姿なれ、原子力による発電は、最もゆゆしき反逆ならむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

平成23年(2011年)3月16日 東北関東大震災のダウンロード

平成23年(2011年)3月16日 東北関東大震災 のダウンロードはこちらから ↓

「2011.03.16.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

平成23年(2011年)3月16日 東北関東大震災(続き)

平成23年(2011年)3月16日 東北関東大震災(続き)

落とせし命を、勇気に変えて 明日(あす)には新たな命を生きよ。
流せし涙を 希望に変えて、後(のち)の世までも 潤(うるお)せよ。
消えし御魂は 光に変わり、暗きを照らす 標(しるべ)とならむ。
人類全てが 受け止めよ。
厳しき神の問いなれど、答えは必ず 導き出されむ。
いかなる答えを神に返すか。問われしことは 深淵なり。
神の求める答えを探せよ。
絶望の底にも 光あり。
悲痛(ひつう)悲嘆(ひたん)の中にありても、雄々(おお)しく耐えて、立ち上がり、人の持ちうる霊性の、高き極(きわ)みを示すべし。
そこそに日本の使命あらむ。
日本の復興 復活は、世界に希望と勇気を与えむ。
神の望みに応える意味を、今こそ己に 問い掛けるべし。
神は必ず、手を差し伸べむ。求めて伸ばす 人の手に。
神は必ず、救い賜(たま)わむ。祈り捧げる 人の心を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »