« 気仙沼だより(平成30年4月)(2) | トップページ | 気仙沼だより(平成30年7月)(1) »

2018年5月18日 (金)

気仙沼だより(平成30年4月)(3)

●石巻

 石巻の大川小学校へ。こちらも震災遺構として遺すそうです。校舎を支えていたコンクリートの柱がなぎ倒されて折れ曲がり、中の鉄骨がむき出しになっている姿は、津波の破壊力を否応なく感じさせます。改めて、犠牲になられた児童生徒の皆さんと先生方のご冥福を祈り、哀悼の意を表したいと思います。

 

 道の駅「上品(じょうぼん)の郷」で昼食を頂いてから、石巻市総合運動公園へ。ここは、被災地最大規模の仮設住宅地でした。広大な敷地(142,069㎡)に、ピーク時で487世帯、1,225人が入居される仮設住宅がずらりと立ち並んでいました。

震災から7年。仮設住宅の殆どは撤去され、はずれのほうに少し残っているだけです。このすぐ近くには、震災後にできた大型量販店街が大変な賑わいを見せています。日本全国どこでも見かける大型量販店の見本市のような町です。そこから車で5分もかからないこの場所で、忘れられたようにひっそりと肩を寄せ合っている仮設住宅が数棟・・・。7年経ってもこの場所で、仮設住宅を出られずに住んでいらっしゃる方たちの気持ちは想像もつきません。

 

一日の終わりに、渡波にある夫の実家近くにある宮殿寺でお墓参りを済ませ、お寺から数百メートルの海岸に出ました。三陸とは異なる大海原が広がります。海岸線がゆるやかな曲線を描いて左右に伸びていきます。

「海は広いな、大きいな~」そんな歌が口をついて出てきそうです。

震災前にも夫の帰省のときに何回か来たことはあるのですが、こんなに雄大で、そしてきれいな海だったのかと、初めて気がついた気持ちです。

今日最後の慰霊をさせて頂きました。

 

一関までの車中で、S.Tさんとたっぷりおしゃべりをしました。私の今の心の迷いも聞いてもらいました。

9時から夕方5時まで、中身の濃い1日でした。

S.Tさん、本当にありがとうございました。

|

« 気仙沼だより(平成30年4月)(2) | トップページ | 気仙沼だより(平成30年7月)(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/73511846

この記事へのトラックバック一覧です: 気仙沼だより(平成30年4月)(3):

« 気仙沼だより(平成30年4月)(2) | トップページ | 気仙沼だより(平成30年7月)(1) »