« 気仙沼だより(平成30年7月)(1) | トップページ

2018年8月15日 (水)

気仙沼だより(平成30年7月) (2)

●釜石
釜石では、釜石市片岸町の漁港と、釜石港の2箇所で慰霊をさせて頂きました。

●大船渡
 越喜来(おっきらい)の仮設住宅のあったところに行ってみました。以前3回くらい訪問させていただいたところです。一人暮らしのご高齢の方が多く住んでいらっしゃいました。朝のラジオ体操に参加させていただきました。
仮設住宅は完全になくなっていました。もともとはグランドだったその地は、ようやく本来の役割を果たしつつあるようです。
 ここにいらした方たちは、それぞれに、今では穏やかな生活を取り戻されているのでしょうか・・・。

 越喜来(おっきらい)漁港では高さ10メートル以上もありそうな防潮堤が聳えています。その防潮堤を背に、海に向かって慰霊をさせて頂きました。

●早馬神社
 今日も最後は早馬神社さまへ。約1年ぶりです。
梶原忠利宮司様は、「今年初めて30度を越えました」と とても暑そうです。連日35度越えの関東に比べれば、海風もあり、涼しいくらいなんですが・・・。
 ここ唐桑でも防潮堤の建設が進められています。
 境内の碑に、復興終了の日付を入れるのはまだ先のことになりそうです。

今回も短い時間ではありましたが、被災した地を北から慰霊することができました。
かつての町の姿は失われてしまったけれど、新しい町が生まれ、そこにまた新しい人生・思い出が刻まれていくのですね。

|

« 気仙沼だより(平成30年7月)(1) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/74040597

この記事へのトラックバック一覧です: 気仙沼だより(平成30年7月) (2):

« 気仙沼だより(平成30年7月)(1) | トップページ