« 気仙沼だより(平成30年4月)(3) | トップページ

2018年8月 4日 (土)

気仙沼だより(平成30年7月)(1)

(事務局より)

本日は、ひふみともこ先生が先月、東北地方へ東日本大震災の慰霊にいらっしゃいました際の「気仙沼だより」を3回に分けてお送りいたします。

ひふみ先生が気仙沼へ慰霊に赴かれることになった経緯などは事務局のブログ

http://irohahihumi.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-e8c1.html

をご覧ください。

*****************************************************************

気仙沼の報告(平成3072122日)

 

 

◎平成30721日(土)

今回も、21時(夜9時)過ぎ気仙沼駅に到着しました。関東は猛暑続きでしたが、東北は多少涼しいかと期待しています。

 

◎平成30722日(日)

 ホテルの朝食を食べに食堂に行くと、窓からは強烈な日差しが差し込んでいます。東北も今日は暑いらしいです。天気予報も軒並み30度以上でした。これは覚悟しないと・・・。

 岩手県職員S.Tさんのご案内で、今回は北に向かいます。

 

●気仙沼

市内の嵩上げはほぼ終わったようです。大阪の有名な餃子のチェーン店や、焼肉のチェーン店も出店していました。地元の古くからのお店はどうなったのか気になります。

 

●陸前高田

 こちらも嵩上げはほぼ終わったようです。でも広大な土地にはまだ建物は少なく、空き地が80%以上でしょうか。「アバッセたかた」というショッピング・モールは昨年6月に来たときにはできたばかりでしたが、今は更にお店が増えたようです。子供向けの遊具の置いてある公園もあります。親子で来ても楽しく過ごせていいですね。

 市内の復興も、このショッピング・モールから徐々に進んでいくことでしょう。

 

●大槌町

 2階建ての町役場はまだ残っていました。時計は焼け焦げ、520分で止まっています。

アスベストの問題で、取り壊しが遅れているそうです。お花をお供えさせて頂きました。

 

大槌町魚市場付近の海辺で慰霊をさせて頂きました。目の前にはひょっこりひょうたん島のモデルになったという島も見えます。ウミネコが波にぷかぷか浮かんでいます。のどかな風景です。風は強く吹きつけるのですが、日差しが強いので、強風さえも気持ちがいいくらいです。

 

●鵜住居地区

 かつて津波の被害を生々しく伝えていた防災センターは、完全に撤去されていました。跡地には砂利が敷き詰められています。少しずつ住宅も建てられています。ここも静かに復興が進んでいるようです。

|

« 気仙沼だより(平成30年4月)(3) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2076564/73977107

この記事へのトラックバック一覧です: 気仙沼だより(平成30年7月)(1):

« 気仙沼だより(平成30年4月)(3) | トップページ