2017年8月18日 (金)

平成24年(2012年)1月9日 信仰心(続き)

平成24年(2012年)1月9日 信仰心(続き)

ことばは神の光なり。己の祈りは神の声なり。
神の祈りを、御魂に聞かせ、御魂の光を取り戻せよ。
神の慈愛は掌中(しょうちゅう)にあり。伸ばさずとも、求めずとも、既(すで)に己に届けられたり。
信仰心は極(きわ)まりて、神の願いと調和せむ。
神の願いを言霊にせよ。神の祈りと相和(あいわ)せよ。
人の幸(さち)は、神と共にあること。神と共にあるを常に感知し、悟ること。
人は願えよ、真(まこと)の幸(さいわ)い、真(まこと)の栄光、真(まこと)の信仰。
浄土は己の心に在(あ)り。そに気づくのも信仰ならむ。
遠くに見ゆるは幻にて、徒労の旅を続けるなかれ。
心の浄土の標(しるべ)となるは、祈りの他(ほか)にあらざらむ。
己の祈りに導かれ、心の浄土に辿(たど)り着(つ)かれよ。さにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

平成24年(2012年)1月9日 信仰心(続き)

平成24年(2012年)1月9日 信仰心(続き)

讃(たた)えよ、唱(とな)えよ、神のみ名。人の心の根源に、つながる絆を確かめよ。
ほどけて離れる御魂の糸を、祈りの言葉で結び合わせよ。
求める心に、天は応(こた)えむ。示して明かさむ、宇宙の則(のり)を。
人は素直に従うのみ。逆(さか)らう生に、実り少なし。
心の浄化と成長により、肉体次元を超えしとき、高き御魂の世は顕(あら)われむ。
日々の祈りを重ねてゆけよ。心の糧(かて)なる祈りの声に、心も自(おの)ずと従わむ。
祈りあらば、日々穏やかなり。平(たい)らかなり。安らかなり。
祈りのことばを御魂に聞かせよ。御魂は喜び、波動を高めむ。
辛き時、苦しき時、悲しき時、迷いし時、光失いし御魂に聞かせよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

平成24年(2012年)1月9日 信仰心(続き)

平成24年(2012年)1月9日 信仰心(続き)

信仰心は、至高(しこう)の心。至誠(しせい)至純(しじゅん)の心なり。己の役と分(ぶ)を弁(わきま)え、その遂行(すいこう)に心を砕(くだ)く。
望みや願いは理に適(かな)い、天の道へと通じゆく。
さなる心を養えよ。祈りの日々にて育(はぐく)まれむ。
日々の短き祈りにて、蒔(ま)かれし種は 育(そだ)ちゆかむ。
一人ひとりの命の重さは、掛けがえもなき尊(とうと)きもの。
一つの命も輝けよ。神の光に照らされよ。
祈りのことばを湛(たた)える心に、神の光は溢(あふ)れゆかむ。
祝(いわ)えよ、謳(うた)えよ、感謝と喜び。言葉の波動は光を増さむ。
神の創りし自然万物、祝福されざるものはなし。
神の祈りと調和せば、自(おの)ずと心は 喜び満(み)てり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

平成24年(2012年)1月9日 信仰心

平成24年(2012年)1月9日 信仰心

神から人へ、人から神へ。
人の最も大切なるは、心底からの帰依(きえ)と献身(けんしん)。
人の力を超えしもの、人の力の及ばぬものに、謙虚に従い、委(ゆだ)ねる心。
さなる心の衰(おとろ)えて、失われゆくを憂(うれ)うるばかり。
人の人たる所以(ゆえん)とは、見えぬものにも頭(こうべ)を垂(た)れて、己の欠けたる能力、知力を、素直に認める心なり。
なれば今の世、人の世界は、見えるものしか信じず、認めず。
科学の力や技術を過信し、人の力で作れぬものを、次から次へと壊(こわ)し滅(ほろ)ぼす。
信仰心の欠けたるものは、獣(けだもの)よりも猛々(たけだけ)しく、及ぼす害は甚(はなは)だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

平成23年(2011年)4月12日 日本の復興(続き)

平成23年(2011年)4月12日 日本の復興(続き)

思いはことばの言霊となり、地上の森羅万象(しんらばんしょう)に、神の奇跡を発動させむ。
今衰(おとろ)えし 言霊を、祈りの力を 復活させよ。
血路(けつろ)は開かれ、救いは見えむ。
人の愚考は最も危(あや)うし。
神のみ声も、宇宙の則(のり)も、地球の思いも 知ることなく、同じ過(あやま)ち 繰り返さむ。
今こそ目覚めよ、気づけよ、動けよ。
今このときを失うなかれ。
神も宇宙も、地球を救わむ。人を守りて 救いたし。
神の切なる願いよ、届け。
気づきし人から、始めてゆけよ。やがては大きなうねりとなりて、人の全てが、目覚めを果たさむ。
最後の時の訪れるまで、神は待つのみ、祈るのみ。人が正しき答を返すを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

平成23年(2011年)4月12日 日本の復興(続き)

平成23年(2011年)4月12日 日本の復興(続き)

日本の復活、復興は、地球の運命(さだめ)を示す縮図よ。
調和の世界を新生し、全てが一つの統一体。互いが互いを活かし合い、神を敬(うやま)い、自然を尊(とうと)ぶ、霊性高き世を築けるか。
既に地球に猶予はあらず。一触即発(いっしょくそくはつ)、瀕死(ひんし)の際(きわ)なり。
神の示せし警告を、未だ解せぬ愚昧(ぐまい)の民は、残すに足らぬ存在なれど、神の仕組みに差別なし。
地球浄化のためならば、一人ひとりの区別なし。
全ては同根(どうこん)同罪(どうざい)なり。
贖(あがな)う術(すべ)は ただひとつ。人のなすべきことをなすのみ。
人の命の根源なる、神の御魂を蘇(よみが)えらせよ。
汚(けが)せし御魂を浄め磨きて、元なる光を取り戻すべし。
古代(いにしえ)、神と共にあるとき、人の御魂は輝けり。奇跡を行い、病もなかりき。
今ある人の多くは病みて、心の闇も深からむ。
神への祈りは忘れられ、御魂を清める術(すべ)もなし。
人の尊(とうと)き言霊こそが、御魂浄化の技ならむ。
祈りに乗せよ、清き思いを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

平成23年(2011年)4月12日 日本の復興

平成23年(2011年)4月12日 日本の復興

神から人へ、人から神へ。
人の心の汚(けが)れを落とし、御魂の昇華(しょうげ)、霊性向上、そのみが地球を救うよすがよ。
これまで穢(けが)せし人の心の、我欲と執着、傲慢(ごうまん)不遜(ふそん)。
惧(おそ)れを知らぬ 神への冒瀆(ぼうとく)。自然を蹂躙(じゅうりん)、地球を虐待(ぎゃくたい)。
全ては人の心が招きし、結果の現れ、因果なり。
なれども今は最後の機会。
人が自(みずか)ら省(かえり)みて、己の招きし災厄(さいやく)を、真摯(しんし)に謙虚に悔い改めて、新たな世界の創造に、踏み出す勇気のありやなしや。
今日(こんにち)までの己の過(あやま)ち、その悔い改めが足りなくば、地球浄化を止めるあたわず。
日本一つの国のみの、罪科(つみとが)ならぬことなれど、全ては一蓮托生(いちれんたくしょう)の、同じ命を共にするもの。
我欲の心の蔓延(まんえん)し、行き着く先は破滅のみ。そが今立たされし、人の姿よ。
全てが整い、狂うことなく、命の循環 繰り返し、その繰り返しが進化を進める。
そが真理なり。宇宙の則(のり)なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

平成23年(2011年)3月29日 原発(続き)

平成23年(2011年)3月29日 原発(続き)

なれど原子を破壊せば、そこには何の再生もなし。転生もなく、滅びあるのみ。
宇宙の進化を妨げる、地上の人類、そは敵ならむ。
永久(とわ)に滅びて、潰(つい)えゆくのみ。今のままには、他(ほか)に道なし。
人の利害に測るになく、宇宙の意図を 読み取るべし。
人の霊性、進化の証(あかし)を、今こそ人は試(ため)さるときなり。
心の底より悔い改めて、自然と共に生きる道、そを求めるが、急務ならむ。
払いし犠牲は、これから後の、真(まこと)の目覚めのためなれば。
世界の民の まとまる時なり。
奇跡は神の起こすにあらず。人の祈りが起こすもの。
今こそ祈れよ。浄化せよ。穢(けが)れを、罪を、過(あやま)ちを。
清き言霊、祈りの力で、融和(ゆうわ)の絆を広げるべし。
残されし者、一人ひとりに、神は最後の願いを賭(か)けむ。
よくまとまれよ。働けよ。さにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

平成23年(2011年)3月29日 原発(続き)

平成23年(2011年)3月29日 原発(続き)

その反省を迫れるも、人の悔悟の遅れなば、最早(もはや)地球に未来なし。
今日(こんにち)までに延ばされし、最後の機会を逃(のが)すなよ。
罪を贖(あがな)う日は延ばされず。猶予(ゆうよ)のなきを、肝に銘ぜよ。
遅れが募(つの)れば、犠牲も増えなむ。犠牲のままに何も残らぬ、廃墟に神の光もなからむ。
今急がるは、人の覚醒。
利権を求め、守るため、重ねし罪の深さを知れよ。
人がこの世で生きらるは、自然の恵みのあればこそ。
自然の中に人はあり。人こそ自然の一部なれ。
摂理に逆らい、自然を壊(こわ)す、その大罪を償(つぐな)う時なり。
宇宙に存(そん)する全てのものは、神の教えを一途(いちず)に守り、宇宙の則(のり)に従うべし。
宇宙進化の流れに沿いて、神(かみ)経綸(けいりん)を進めるべし。
生まれし命は死を迎えども、再び生まれて転生せむ。
その営みを繰り返し、進化を遂(と)げるが 理(ことわり)ならむ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

平成23年(2011年)3月29日 原発

平成23年(2011年)3月29日 原発

神から人へ、人から神へ。
多くの人の命を奪い、尚 収まらぬ、混乱、混迷。
人の全てが力を合わせ、課題に向かい、手を携(たずさ)えて、これまで犯せし罪科(つみとが)の 一つ一つを償(つぐな)えよ。
生きて残りし者たちは、重き課題を負わされて、これから後の時代を担(にな)えよ。

さにて本日、人間の犯せし中でも 最も重き過(あやま)ちについて,説き聞かせむ。
原子を利用す発電は、自然の摂理に大いに反し、自然を汚(けが)し、宇宙を汚(けが)さむ。
宇宙の則(のり)を根本より、乱し崩すの行いなり。
発電の後、残さるは、地上に留(とど)まる、さらなる穢(けがれ)。大気に、水に、大地にと、永きに亘(わた)りて 広がりゆかむ。
自然万物、調和の世こそ、宇宙のあるべき姿なれ、原子力による発電は、最もゆゆしき反逆ならむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ご連絡 | ダウンロード | 本文 | 気仙沼だより